2017/06/28

怖がらずに勇気を持って生きよう!



今の社会を「安心社会」、「信頼社会」、「ブランド」という切り口で考えた。そこから個人として如何に生きて行くかを書いた。特に個人事業主の方はご一読を。


安心社会
日本社会は、長い時間をかけて人々を共同体に縛りつけておきながら相互規制を生み出すやり方を洗練させてきた。特に重要なのは、相互監視によって外部からの強制ではなく「和の心」「思いやりの心」で行動するのだと人々が考えるようになったことだ。その結果、人様にとやかく言われないように身を慎むことが至上の美徳となり、それを身につけた人々が暮らす社会こそが日本人が理想としてきた安心社会だった。その中にいる限り信頼出来る人たちかどうかを考える必要のない社会ではあった。しかし、そのなかでは互いに助け合うが、それ以外の人たちは信頼できない社会である。そこにとどまっている限りは安心できるが、そこから外れた時には大きなリスクを生む社会である。そのリスクを避けるために周りの人から嫌われないように、周りの人たちからどう思われるかを気にして生きていくことが必要になる。こうした社会での暮らしは、同じ仲間であることに懸念をもたれるような行動や態度は慎まなければならない。


高度成長期以降は、人々を土地ではなく企業という新たな共同体に縛りつけることで、日本式の安心社会を作ってきた。その社会にいるうちは人々は積極的にチャンスを活かした生き方をするよりは、波風を立てないリスクを避ける生き方を好ましいと思うようになる。格差が激しくなりつつある今の日本ではより以上にそこに留まろうとするメンタリティーが強くなっている。昨今の大企業の倒産や経営不振はその現れでは無いだろうか。実際、世界価値観調査の結果によると、日本人のリスク回避傾向は世界で一番強いようだ。しかし、グローバル化が進む中では、自らの意思や主張を明確にしながら知らない人たちとの間にも積極的な協調関係を築いて、お互いリスクをとりながらチャンスを活かせる社会を作らなければ、日本の将来は明るくないだろう。



信頼社会

日本人が築いてきた安心社会は理想的な面もあるが、内向きで夢や希望が持ちにくい社会でもある。一方、人類は法律という約束を作り、知らない人とも積極的に関係を持つことで社会を作り変えてきた。法律で秩序を守りながら様々な垣根を越えて行くことができる社会が信頼社会だ。どこにいても法律が個人をも守ってくれることで、他者一般に対する信頼が育っていく。その中で個人がリスクを取りながら自分の目的を自由に追求する生き方ができるようになる。


ブランド
しかし、法制度だけで社会の秩序を良好に維持するのは難しい。その時に一番有効なのが、人々が自発的に評価しあうことで得られる評判だ。これまでの安心社会では仲間うちでの悪い評判を避けることが重要であったが、これからの信頼社会では、仲間うちを超えてどこでも通用する良い評判を確立することが重要だ。もちろん良い仕事をするのが当然ではあるが、それだけでは社会に参加していることにはなりにくいのが信頼社会の現実だ。そのために自分の評判を広めることに投資をする必要がある。そして、良い仕事であれば、その評判はどこにいっても通用する形で社会に浸透していく。今それは一般にブランドと言われている。それがこれからの時代に利他的に人々を行動させる信頼社会の作り方だ。しかし、そのブランドもお金で買えるという資本主義の弊害もあるが、一人一人は確かなリテラシーを持って、どこでも通用するブランドを広くシェアできるようにするというのが、これから信頼社会を生きていくためには大切なことになる。











0 件のコメント:

コメントを投稿