2017/06/13

家具難民 Furniture Refugees



ボクのクライアントは最近皆さん家具難民になってしまうようだ。

もう何年も前から「クライアントに似合う」、「この家だけのために」

という思いからほとんどすべてのものを職人による一品もので作ってきた。

そのせいで住み始めるといつもクライアント困ってしまうようだ。

すべてが手作りで素材をそのまま生かしたシンプルなものなので、

無難な素材感の既製品は高価なものでも安っぽく見えてしまう。

結局、家に似合う家具や照明が市販されているものの中に見つけられなくなってしまう。

それでも以前は、アドバイスをするだけでクライアントが選んだものを楽しんでいた。

というよりも実力不足で提案出来なかった。

しかし、ここ数年少しずつ建築のことが分かりかけてきたと同時に

家具やプロダクトも自然と提案出来るようになってきた。

また、それを再現してくれる職人がいることも大きい。





My clients recently seems to become a furniture refugees. Since many years ago "Also look good on a client", " For this house only".I have made everything with one time piece. That's why most of them are own original. It seems the client always  has trouble starting living. Everything is handmade, it is a simple thing that made use of the material as it is, so ready-made articles with a safely texture will look cheap even if they are expensive.Eventually they will not find any furniture or lighting that goes home with what is on the market. Everything is handmade and simple using the raw material, so it will look like cheap even if expensive ready-made items. Still I was just advising before and was enjoying the one a client chose. Rather than, I could not propose it because I was lacking ability. However, at the same time as I understood little about architecture in recent years. Furniture and products have become able to be designed naturally. Moreover, I think that there are also craftsmen who reproduce it.









































このスケッチはあるクライアントから

「宇野さんのスパニッシュダイニングチェアー(モーエンセン)作って」という依頼で考えたもの。

依然だったら「無理!無理!」と断ってしまうところだが、

最近は自分のものになるような気がするから二つ返事で「ハイ、分かりました。」って答えた。

が、しかし、Makino wood works お牧野さんに相談したところ

思った以上の金額になり、クライアントに見せるまでもなく頓挫中。


This sketch is what I designed at the request of a client "Mr. Uno's Spanish dining chair (Børge Mogensen)". If it is still, I am refusing "It is impossible! I can not do it" Recently, as I feel like becoming my own design, I immediately replied "Hi, OK." However, I consulted with Makino wood works Mr. Makino. It'll be the price more than I thought, and a client doesn't have that until it's shown and I'm suffering a setback.



もうひとつは同じクライアントから依頼されたスタンド照明。 

たぶん銅で作ることになると思う。

家具もプロダクトも小さな建築。

予算の中で求められる機能とデザインと耐久性、メンテナンスのことなどを考えて

ディティールを決めていく。

何が出来て何が出来ないかを知らないとデザインに強さが生まれてこない。

これが出来るまでに30数年かかった。



The other is a stand lighting requested from the same client. I think that it will probably be made of copper. Furniture and product are small architecture. I will decide the detail, considering functions, design, durability, maintenance etc in the budget. If it does not know what can do and what can not do it will not give strength in the design. It took 30 several years for me to be able to do these.



0 件のコメント:

コメントを投稿