2017/03/30

僕の営業トーク




初めから作りたいものがあるわけではない。

どんなクライアントでも対応できるように既成概念を追い払うのに必死だ。

僕のなかに具体的にクライアントのイメージがある訳ではない。

商売でいえば、全くマーケティングが出来ていない。

というより、出来ない。



特定のクライアントだけに受け入れられるメッセージは、

仕事の幅を小さくしてしまう。

いろいろな価値観、ライフスタイルのクライアントと出会いたい。

過去の仕事を見れば、実際それが実現しているのが分かる。

だから、過去のクライアント同士が、飲み会をすることも考えられない。



それぞれの住宅は、そのクライアントだけのために作ったものだから

他のクライアントが良いとは限らない。

営業さながら、個々の住宅を自画自賛することもはばかられる。

だから、僕の営業トークは、

もっぱら建築への思いや哲学を語ることになってしまう。

それが、抽象的であったり、難しかったりして分かりにくいらしい。

出来る限り分かりやすくしようとしているが、

結局、写真を見ていもらったり、

実物を体験してもらったりする他には、

言葉を汲み取っていただく以外にない。



未来のクライアントの皆さん。告

皆さんが思っている以上に僕は怖い人でも難しい人でもありませんよ。優

問い合わせにお金は一切かかりません。安

一度勇気を持ってお問い合わせください。願

これが僕の営業トークでした。終





しかし、残念なことに僕のブログを読んでいる人のほとんどが同業者。

だから、この営業トークも全く営業になっていない。笑&哀













0 件のコメント:

コメントを投稿