2017/03/30

続・発想の種



今回は少し具体的な内容にしようと思うが、

結局レシピはないので、抽象的になってしまうだろう。

僕の作る建築が毎回違うのは、

敷地が違い、クライアントが違うからだ。

当たり前といえば当たり前のこと。

だから、未来のクライアント候補は、

僕が何を作るか不安で尻込みしてしまう人も多いと聞く。



僕は普段、自分自身を出来る限り白いキャンバスにすることに努めている。

つまり何も描いていないと言うこと。

新しい出会いによってどんな絵を描けるかが、

楽しみのひとつになっているからだ。


発想の種はまさしく、「敷地」、「クライアント」、「自分」。

僕は与えられた敷地で、

クライアントに最も似合う建築は何なのかを考える。

オーダーメイドの洋服のように。



しかし、洋服と違うのは時間の長さ。

その時だけに似合うものを作るわけにはいかない。

その洞察力が建築家には必要だ。


クライアントは目の前の要望に固執しがちだ。


そこに如何に専門家としての知恵と経験を盛り込めるか。

例えば、クライアントにとって最も重要な広さが

優先順位の後方になることもよくあることだ。

そこに切り込む勇気を持たなければならない。



僕が多くの建築家と決定的に違うのは、

具体的なデザインを考えると同時に

何をして何をしないかを徹底的に整理することだ。

これを納得してもらうまでは、具体的な提案はしない。

この整理の仕方が、かなり強引で僕の独断のように見えてしまうようだ。

ただ、これも飽きずに永く豊かに過ごせる本物の建築を作るために

やらなくてはならない重要な通過点。



僕は予算の有る無しで、仕事を区別することは決してない。

この要望の整理が出来るかどうか。

何れにしても成功するかどうかは、

クライアントの僕の建築に対する熱意次第。


クライアントのためだけの世界にひとつしかない

見たことのない普通の建築を作りたい。



あ〜 ますますクライアントが減りそう。哀






追伸
これ以降は若手同業者に対するアドバイス。
建築家はクライアントに選択されることで、当然クライアントの期待に応えなければならない。依頼がきた段階で作る選択肢は、既にかなり狭まっている。僕の歳になると同じようなものを作り続けることがかなりつらくなる。若き日の情熱を無くしてしまうのは、ほとんどこれが原因だ。結局、多くが設計をスタッフに任せ、本人は経営者となる。常に自らの建築を近視眼的に見るのではなく、遠く理想を求めてほしい。
売れない僕がいうのも全く説得力はないが。笑
















0 件のコメント:

コメントを投稿