2017/03/28

建築とは自然との関わりをデザインすること



心を癒し、豊かな日常を送るために唯一万能なものは自然である。

建築は、人と自然との接点をデザインすることである。


1、素材としての自然。

2、環境としての自然。

3、現場で生まれる自然。


今、「3」が全く顧みられていない。

コンクリート打放しは、まさしくこの「3」なのだけれど、簡単に補修をしてしまう。

他にも目に見えないけれど、職人のやる気、意欲など。

リスクを考えたとき、予定調和の無難な方向に行く。

信頼関係の欠如が、建築に豊かさを無くし、

結果的に最も不利益を被るのはクライアントになってしまう。








0 件のコメント:

コメントを投稿