2017/03/28

僕が完璧な機能を求める理由



家作りを始めていつもクライアントが以外に思うのは、

僕がクライアントの要望の多くを聞き入れて

その機能について何度となく確認することのようだ。

世間は僕の想像以上に僕がかなりワンマンで、

要望を聞き入れず勝手に設計してしまうように思っているようだ。



実は建物の規模と構造さえ納得していただければ、

それ以外の要望は、コスト的には十分調整可能なことだから

それほど大きな問題にはならない。



それよりも僕がしつこく機能について確認する理由がもうひとつある。

それは現場で生まれる偶然性を大切にするからだ。

この偶然は予定調和と真逆で機能を約束できない。

だから、実現可能な機能は完璧に作ることが、僕がやらなければならない最低限の仕事。



追伸
例えば栄生の家の施主とは、500通を超えるメールの交換をした。現場で生まれるものが多ければ多いほど確認作業は多くなる。

0 件のコメント:

コメントを投稿