2017/03/28

光熱費は終わらないローン




「光熱費は終わらないローン」

終わらないだけならまだしも、老後になれば体も弱り、家にいる時間が増える。

そのローンは減るどころかますます増えるばかりだ。

おまけに収入も減れば、次第に生活も怪しくなる。

機械仕掛けを助長する高気密はかなり疑問だが、

高断熱は老後を快適に住まうためにも絶対条件だ。

僕がこんなことを言うと不思議に思う人もいるだろう。

でも、僕の建築を一度見たことのある人であれば不思議には思わないだろう。



家作り世代は、子育て世代の場合が多い。

そのため、どうしても家作りがその時期のためのものになりがちだ。

しかし、平均寿命を考えれば、それ以外の時間の方が遥かに長い。

おまけにその時期を過ぎれば、体力も収入も減る一方だ。

だから小さく作って、その分メンテ費用が少なくすむように

高断熱で質の高い家を造った方が、トータルコストは低く抑えられる。

子育て時期は、どうしてもスペースが必要になる。

その時は庭にイナバの物置を置くことを勧めている。

子育てが終わる頃にはそれもちょうど寿命を迎える。



高断熱とセットなのが、温度環境のコントロール。

長年あらゆる空調機器を試みてきたが、

工事費、メンテナンス費、ランニングコストなどをを考えると

今、結論としてエアコンを使った床暖房がベストだ。

最近竣工した一見住宅とは思えない「栄生の家」でも

壁には断熱材を打ち込み、

床下にエアコンの空気を流し床暖房になっている。

気温によってエアコンの風を室内に直接送り込むことができるようにしている。



住宅の温度環境について若い頃はあまり重要視してこなかったが、

そろそろ老後の準備をするこの歳になって改めて気づくことがたくさんある。

これもすべて自宅を作って経験したこと。


自分が嫌なことは、他人にしないのは仕事と関係なく人として当たり前のこと。



0 件のコメント:

コメントを投稿