2017/02/08

紙箱の打合せ


今日は近々,オープンするオリジナルブランドの包装の紙箱の打合せをした。

いろいろ検討したが,最終的には鶴舞にある

創業106年の野村紙器さんお願いすることにした。

職人の手作りが,基本の僕のものづくりは、

やっぱり包装も職人さんの手作りにこだわりたいと思った。








































5代目で職人でもある野村さんと打合せをした。

やっぱり職人さんと打合せをするのは楽しい。

やれることとやれないことがその場ですぐに分かる。

また可能性を探ることもできる。

ほとんどが海外からの注文なので

「和」にこだわった。

仕上の紙は、和紙を貼る和箱にした。

手漉きの無地の和紙を貼ってもらうことになった。

その和紙も僕自身が紙屋さんで調達してくることになった。

シンプルでモダンな和箱が出来そうだ。




0 件のコメント:

コメントを投稿