2017/02/15

亜流がどうした。怒!


以前ある雑誌のベテランのエディターに

「あなたの建築は亜流である。あなたと仕事をしたら私のキャリアに傷がつく。」

と言われたことがある。

その時はかなりショックだったが、しばらくたって、よくよく考えてみたら、
僕は、それ以前から建築を似てるとか似ていないで考えたことがなかった。

双子だから価値がないなんてあり得ないし、神社仏閣だって良く似たものばかりだ。

どんなものだって大切なものは、そんなところには絶対にない。

でも,有名なベテランエディターの意見は、おそらくマジョリティーだ。

その後に僕を襲った不安は言うまでもなく、今現実になっている。笑





0 件のコメント:

コメントを投稿