2017/12/08

美しい建築を作るために最も大切なこと



それは「偶有性」。

あらかじめ予測可能なものが「必然性」。

予測不可能なものが「偶然性」。

この「必然性」と「偶然性」の中間を「偶有性」という。

ある程度は予想がつくが最終的には何が起きるかわからないこと

書や墨絵、陶芸など日本の芸術はそれを最大限に生かしたものが多い。


「偶然」は過去形で語られ、「偶有」は未来形で語られる。

建築家は未来を作る。

「偶然」では機能しない。

「必然」だけでは創造的でない。

「偶有性」は建築家の最大の武器。

しかし、確信のある人しかその武器を持つことが出来ない。






The most important thing to make beautiful architecture


It is an ”contingency”.

What is predictable in advance is "inevitability".

What is unpredictable is "accidentality".

The middle between "inevitability" and "accidentality" is called "contingency".

To some extent we can predict but ultimately we do not know what will happen.

Calligraphy ink paintings, pottery and other Japanese arts make the most of it.


"Accidentality" is spoken in the past tense, "contingency" is spoken in the future form.

Architects work to make the future.

It does not work in "accidentality".

"Inevitability" alone is not creative.

"Contingency" is the greatest weapon of the architect.

But only person with confidence can have that weapon.







建築を作るということ



先日、若手の建築家ユニット2組のシンポジウムに行った。

その中の一人が、建築を作ることに疑問を呈していた。

彼は建築をテキストとして残すことに優位を感じていた。

その理由が建築の広汎性にあるようだ。

僕はそれを何故か受け入れられなかった。



僕にとって建築を作るということは、

クライアントの期待に応えること。

そして、それを楽しむこと。

他はすべて結果でしかない。






Making architecture



I recently went to a symposium of two young architects' units.

One of them was doubtful about making architecture.

He felt the advantage in leaving architecture as text.

The reason seems to be the pervasiveness of architecture.

I could not take it for some reason.

I felt something impure there.


To me for making architecture,

To meet client expectations.

And enjoying it.

All the others are results.

2017/11/17

人事を尽くして天命を待つ




僕にとって建築の答えは機能だ。それを用意した後で可能な限り答えのないものを作ろうとする。それは予定調和ではないもの。ひとつは自然の素材。それを使う時は色や柄をデザインするのではなく、その存在丸ごとを受け入れる。機能さえ損なわなければすべて暖かく受け入れる。

もうひとつは偶有性を積極的に利用する。機能を損なわないようぎりぎりまで人事をつくすが、後は偶然に起こることを受け入れる。職人に対しても働きやすい環境を整えることに尽力するが、彼らの感情まではコントロールできない。

これらに一貫した思いは、人事を尽くして天命を待つことだ。この天命こそが答えのない建築を生み出す大切な要素だ。この感性も日本人特有のものだと思う。

今、この天命がなかなか受け入れられない。不安が増大する社会にコントロールできないものは最も敬遠されるからだ。しかし、人間の豊かさのほとんどはこのコントロールできない世界、いわゆる自然の中なら生まれている。建築家に限らず何かを創造している人は、このことに果敢に挑戦しない限り同じ道を周回するだけに終わってしまうだろう。





Do your best and leave the rest to Providence

To dare to say the answer to my architecture, it is a function. After preparing it, I will try to make something as unlikely as possible. It is not preestablished. One is a natural material. When you use it, you should accept the entire existence, not designing colors or patterns. Everything warmly should accept unless it does not damage the function.

The other is to actively use the contingency.I do everything I can to the very least so as not to compromise the function, but later accept what happens by chance.I am committed to creating a workable environment for craftsmen, but I can not control their emotions.

Consistent thoughts in these are to do your best and leave the rest to Providence. This providence is an important element that creates unquestionable architecture. I think this sensitivity is unique to the Japanese.

Now, this providence is hard to accept. Because things that can not be controlled in a society where anxiety increases are mostly avoided. However, most of human richness is born in this uncontrollable world, namely in nature. Those who are creating not only architects but also something will end up just going around the same path unless they challenge them boldly.

答えを出す仕事



僕らは幼い頃から同じ答えを迅速で正確に出すことを求められてきた。しかし、AIの出現でその価値も後数年でほとんど無くなってしまうだろう。ある一定の決まりに従って予定調和の答えを出していく仕事はAIが独占してしまう時期もそう遠くはないだろう。

今、多くの建築家の仕事もほぼこれに近い。与えられた課題(要望と予算)に対して問題(コンセプト)を提起し現場で答えを出す。答えには予定された正解がある。だから分かりやすいし容易に期待に応えられる。これが建築家の主な仕事だとしたら、近い将来建築家はほとんど必要なくなるだろう。

答えを出すことに留まっている建築は誰にでもすぐに分かる。それは建築がクライアントにとってはただの道具になり、他者にとっては単なる情報に成り下がってしまった瞬間だ。そこには建築に対する愛や敬畏や憧憬は感じられない。おそらく多くの建築家はそのことに気づいている。しかし、その方が仕事になりやすいから気づかない振りをしている人もいる。また、そこから抜け出す手段が掴めずにいる人もいる。

僕はそういう建築を見ると建築家自身が建築を情報としてしか捉えていないからだと思う。素材を選ぶ時も表面的な色や柄に関心を寄せるが、ひとつの個体としての存在に鈍感だ。これは日本人特有の感性なのかもしれないが、ものをどうしても面的に捉える傾向があるようだ。それは絵画の世界では個性として武器になるが、建築という立体ではその感性をそのまま持ち込むにはかなり無理がある。ものとしての存在感やリアリティーは無視してはダメだ。自然の素材を色や柄としてデザインしてはダメだ。僕らだって外見だけで判断されたら嫌じゃないか。自然の前では浅はかな企みはすぐに正体を明かされてしまう。




The work to get an answer.

We have been asked to issue the same answer promptly and accurately from a young age. However, with the advent of AI its value will almost disappear in the next few years.The time that AI will monopolize the work that is going to answer a predetermined harmony according to a certain rule will not be so far.

Now, the work of many architects is almost like this. Practice problems (concepts) according to given tasks (requests and budgets) and give answers at the work site. The answer has a planned correct answer. So easy to understand and easy to meet expectations. If this is the architect's main work, architects will almost not be needed in the near future. Probably many architects are aware of that. However, some people pretend not to notice because that person is more likely to work. There are also people who can not get the way out of there.

Everyone can easily understand the architecture that only gives answers. It is the moment that architecture has become a tool for clients, and for others it simply has become information. There is no feeling of love, honor and admiration for architecture there.

I think that it is because the architect himself sees architecture as information only when looking at such a architecture. They are interested in superficial colors and patterns when choosing materials, but they are insensitive to existence as one individual. Although this may be the sensibility unique to the Japanese, it seems that there is a tendency to catch things by two dimensions absolutely. It is acceptable as individuality in the world of painting, but it is quite impossible to bring that sensibility in the architecture as it is. It is not good to ignore the presence and reality as things. It is not good to design natural materials as color or pattern. Even us would not want to be judged only by appearance. A shallow plot in front of nature quickly reveals identity.










2017/11/16

「感じる」ことを大切にしてきた。



最近、時々会話の中に「分かる〜」という言葉を耳にする。これは「いいね」と根っこは同じだ。例えば「感じる〜」って会話の中で言ったらどうだろう。言われた方はかなり気持ち悪いと思う。それは「感じる」ことがとてもプライベートなことで共有も共感も出来ないことをみんな知っているからだ。

資本主義社会では、それらはマジョリティーになりにくいからほとんど役に立たない。当然、僕らが受けてきた教育も「分かる」ことを評価されてきた。究極、行き着く先がマークシート。答えを選ぶだけで、そこに行き着くまでの感情や情緒などは全く無視だ。

今、僕らは「感じる」ことにとても不器用だ。感動はコンサートやアミューズメントパーク、行列のできるラーメン屋だけじゃない。家の中でも毎日小さな感動は生み出せる。その仕掛けを作るのが僕ら建築家の仕事だ。しかし、建築家自身がその作り方を知らない。コンペに強い「いいね」の教育しか受けていないからだ。ついつい表面的なことに捕われて「いいね」をもらいたがる。

僕らの主戦場は、スマホやパソコンの画面じゃない。ましてや模型や、プレゼや雑誌でもない。住宅という原寸大の生活の器だ。実物で「感じる〜」ものを作ろうよ。それを生み出す方法をもっと真剣に考えようよ。「分かる〜」って簡単に言われたらつまんないよ。それはハウスメーカーの仕事であって、建築家の仕事じゃない。

実物を見てがっかりした経験はないか。僕はそういう建築を見るとその建築家は嘘つきだと思う。僕も普段は嘘つきだけれど建築だけは嘘をつかないできた。




I have been cherishing "feeling".


Recently, I often hear the word "understand ~" in the conversation. This roots is the same as "Like". For example, what if you say "feel" in a conversation?  I think the person who is said are quite ill. It is because everyone knows that 'feeling' is so private that it can not share or sympathize.

They are almost useless because they are difficult to become majority in a capitalist society. Naturally, the education we received has also been evaluated as "understanding".

Now we are very clumsy to 'feel'. The impression is not only concerts, amusement parks, ramen shops available for queues. Every day in the house we can produce small emotions. It is our architect 's work to make that device. However, architect oneself does not know how to make. This is because they receive only education of "like" resisting competition. I am seized with a just just superficial thing and want to get "like".

Our main battleground is not the screen of a smartphone or a personal computer. It is not even a model, presentation or magazine. It is the housing of the full size house. Let's make things "feel" in real life. Let's think about how to make it more seriously. It's boring if you say "understand" easily. That is the work of the house maker, not the work of the architect.

Experience of disappointment by seeing the real architecture? I think that architect is a liar when I look at such a building. I am usually a liar, but I never lied to architecture.


2017/11/13

自由について





自由は孤独で苦しい道です。自由を諦めた瞬間、この社会で生きていこうとすれば、何かに依存し隷属せざるをえなくなります。しかし、完璧な安全や安心はこの世には存在し無いことは誰もが知っています。

どんな選択をしても人は自の人生に責任を持たなければなりません。今までどのような生き方をしてきたか、今どのような人生を生きているか、今からどのように生きていくかで人生は作られていきます。この世は慈悲深く残酷です。私は30年前独立したとき、そんな生き方を選びました。

自由とは覚悟だと思います。自分に起こったことは何事も受け入れるということです。自由な社会はすべてが結果として現れます。必ずしも理想通りには行きません。いや、むしろ理想通りにはかないことばかりです。しかし、今この瞬間に私が出来ることは新しい自分を発見していくことです。そこにしか希望は無いと信じています。

ジャコメッティを観て思ったこと。






ボクは設計している時、空間にジャコメッティの彫刻を置いてみる癖がある。

もちろん空想であくまでもイメージだけれど。

彼の彫刻が好きなのかどうか自分でもよくわからないが、

ボクが試そうとしているのは、

彼の彫刻が醸し出す空気感にボクの建築は耐えられるだろうかということ。

彼の彫刻の魅力は、見た目のグロテスクな印象と醸し出す空気感のギャップでは無いだろうか。

孤高で静謐な印象の中に慈愛に満ちた空気感がこの上ない魅力だ。



今回の展覧会でひとつ発見したことがある。

彼の彫刻の空気感を味わうには

相応の空間のボリョームや距離感が必要であるということ。


美術館のような空間で至近に並べて人工の照明で照らされたものを観ても

彼の彫刻の本当の魅力は、ほとんど感じることが出来なかった。

少なくともボクがイメージする空間に置いてある彼の彫刻はいつも単体だった。


空気感を大切にする彼の彫刻は、建築と親和性が高いと改めて感じた。



I have a habit of putting Giacometti sculptures in that space when designing architecture.

Of course it is the image world to the last.

Though I do not really know whether I like his sculpture,

I am going to try it,

I wonder if my architecture can endure the atmosphere of his sculpture.

The charm of his sculpture, with a grotesque impression of appearance and

Is not it a gap in the atmosphere that is created?

The loving charm is a charming atmosphere in a solitary and tranquil impression.



I have found something in this exhibition.

How to taste the atmosphere of his sculpture

It means that you need the volume and distance of the corresponding space.


Even if you see things illuminated with artificial lighting in close proximity in a space like an art museum

I could hardly feel the real charm of his sculpture.

At least his sculpture in the space I imagined is always a single body.


His sculpture that cherishes the atmosphere felt once again that it has high affinity with architecture.


2017/10/20

近況
























珍しく最初のプレゼ用に模型を作った。
まだ、真行草の様式が生まれる前の日本建築をめざした。
弥生以上縄文未満の建築。
まだ縄文には力不足を認めるが、伊勢にもつながる弥生はモダンに解釈しやすい。

来年春の完成が待ち遠しい。

2017/10/19

昭和42年のスバルの軽ワゴン車



























先日北名古屋市にある昭和日常博物館に行った時に見つけた車。
今から50年前、昭和42年のスバルサンバー。
事務所はこの何代か後のサンバーを使っている。

トヨタ2000GといいホンダS800といい50年ほど前の日本人はなんでこんなにセンスが良かったんだろう。
ワーゲンに似たところはあるけど、制作者(デザイナーとは言わない)のプライドが伝わってくる。
今の車を見ると、この時代の車はどう考えても同じ日本人が作ったと思えない。

建築も本質的には同じ。


2017/09/27

本が出ました。






掲載されたのは、「竜泉寺の家」。

窓のない家です。

写真はそれを象徴するものが33ページに載ってました。

隣りが、ルーブル・ランスでした。笑































室内の「Light well」なんですが、今回はそれは紹介されていませんでした。

それでも日本の現代建築は、他に安藤さんの光の教会など少数だったので選ばれただけで光栄です。



参考に「Light well」
















やっと実物を見ました。



やっと実物を見ました。

この地区だと店売りもなかなか少なくあえて探しませんでした。

今日代理店から郵送されてきました。

今回は時間が無くいろいろ考えられなかった分、

シンプルでそれなりにインパクトのあるものが出来たと自己満足しています。


またもし機会があれば、もっとシンプルでインパクトのあるものを出したいと思います。




























2017/09/25

昨日の産經新聞の広告

僕自身はまだ実物を見ていませんが、昨日の朝、友人が早速写真を送ってきてくれました。

告知しておいて何なんですが、やっぱり実際に掲載されていました。

僕自身も正直、半信半疑なところがあったので嘘つかずに済んで良かったです。笑



































最終稿







































事後になってしまいましたが、ご協力いただいたクライアントの皆様ありがとうございました。







2017/09/22

新聞広告を出します。




柄でもないのですが、縁あって新聞広告を出します。

産經新聞 24日 朝刊  見開き一面

デザインも事務所で行いました。

一面を個人で出すことは滅多にないらしいですが、

なぜか出すことになってしまいました。

産經新聞を取っている人はチェックしてください。

ちなみにボクは、近くのコンビニかどこかで買うつもりです。

2017/09/16

オープンハウスの告知


明大寺の家のオープンハウスの告知をしました。




事情により今回は一般の方のみとさせていただきましたが、それ以外の方は少数ですが有料で受け付けます。

先着順にしますので、ご希望の方は早めにお申し込みください。

2017/09/12

近況

 


明大寺の家もそろそろ竣工の時期を迎え、段取などの山場は過ぎて後は予定通りに進めば無事完成する。

最近は新しい住宅の基本設計をしている。
先日案を提出した。
提出した案は100分の1の図面だけど、中身はここまで納めて提案している。
建築が完成した時、建築が放つ心地良い緊張感は、
1ミリもアバウトな部分を許さないこんなディティールの積み重ねによって生まれてくる。
だから例え100分の1の図面の図面でも、1mm納まらないことによって全く違うものになるときもある。
だからいつも提案するときは、僕の中でディティールおおよそ出来上がっている。

鉄骨造の平屋を提案した。
ちなみに柱は6cm角のコラム。
どこまでシンプル極められるか自分の経験と知識、職人の技量を計りながら最近はそのことばかり考えている。

2017/08/16

「素材を利用しようとする企みは、」  ふたつの展覧会を観て





梅雨の晴れ間




























林の方へ































「深い眠り」























昨日は帰省中の次女と家内の3人でメナード美術館で開催中の田淵俊夫さんの展覧会と

碧南市藤井達吉現代美術館の「リアルのゆくえ」に行って来た。

以前から実物を見てみたいと思っていた犬塚勉さんの作品が2点あった。

また磯江さんの作品に再会できたこともとてもうれしい時間だった。




人は意識無意識に限らず、目の前の現実に対して瞬間瞬間を選択しながら生きている。

写実絵画は、画家のそれを分かりやすく目の前に見せてくれているので面白い。

現実を可能な限り写し取るということは、自分の思いや欲望を足さないということ。

それによって目の前の現実がよりいっそうリアリティーを持ってキャンバスの上に立ち上がってくる。





建築も素材と向き合う時、同じことが謂える。

素材を利用しようとする企みは、直ちに素材のリアリティーを失わせる。

そこに建築の矛盾がある。

だから面白い。



素材を鮮度で考えてはだめだ。




素材を鮮度で考えてはだめだ。

すべて熟成していくもので作られるべきだ。

その後に機能を考える。











Do not think about the material in freshness.

All should be made with the material to mature.

Then think about the function.

2017/08/10

コーヒーを飲みながら建築を思う



以前は事務所でもコーヒーを淹れて飲んでいたが、

最近は娘が結婚式の二次会で手に入れたネスカフェのバリスタで飲んでいる。

始め予備知識のないボクは、何か特別なコーヒーを淹れられるものだと思っていたが、

結局は、組み合わせで多少のバリエーションがあるものの

インスタントコーヒーには変わりはなかった。


このことで今更ながらコーヒーを淹れて飲むことの価値を再発見し、

それはそのまま建築にもリンクすることだと思った。


コーヒーを淹れて飲むことの価値は、あえて謂うならば

「安らぎの時間」だろうか。

ただこれだけではすべてを伝えられないもどかしが残る。

インスタントコーヒーには絶対に出せない淹れたてのコーヒーの時間。

言葉では伝えられない感覚。

それほど個性的で個別的な感覚だ。



大切なことは、

シンプルであること。

愛情を惜しまないこと。

そして、寛容なこと。



これはそのまま建築にも言える。

また、建築家の価値はそこにこそある。

























2017/08/03

建築の雰囲気は



「建築の雰囲気や空気感はにじみ出てくるものである。決して恣意的に作り出せるものではない。だからそれに関わる全ての人の心を大切にしなければならない。」
                                         
                                             宇野友明







The atmosphere of the architecture oozes out. It can never be produced arbitrarily. So we must cherish the hearts of everyone involved in it.


                                                                                                      T. Uno

2017/07/21

”自分らしさ”は幻想


以前から瞑想をする習慣がある。
最近は「マインドフルネス」と言うらしい。
それについて僕なりに考えてみる。

自分らしさとか生きる意味や価値は元々存在しない。
それらは社会から与えられたもので、幻想や思い込みにすぎない。

瞑想とはそういった幻想や思い込みから自分を解放する行為のこと。
何も考えない練習のこと。
考えがいろんなところに飛ぶが、その都度何も考えないところに戻ってくる。
実はその何も考えない自分が本来の自分である。

それに気づくこと。

それを知ること。

それを認めること。

それを大切にすること。

そして、そういう自分の存在を実生活の中で少しずつ大きくしていくこと。



人は自分に執着する。

瞑想とは執着する自分自身が元々存在しないことを自覚する行為。

これは禅の教えの神髄でもある。



可能であるならば、社会的な価値や評価を全く気にしないで仕事をしたい。
そんな僕に瞑想は勇気を与えてくれる。





I have a habit of meditating from before.
Recently it seems to be called "mindfulness".
I will think about it.

There is no meaning or value to live, such as yourself.
They are given by society and are only illusions and beliefs.

Meditation is the act of releasing myself from such illusions and beliefs.
The practice not thinking about anything.
We fly thought to various places, but they come back to places we do not think about every time.Actually I do not think about that I am my own self.

To notice it.

To know it.

To admit it.

To cherish it.

And, to gradually increase such existence in real life.



People stick to themselves.

Meditation is the act of consciously realizing that myself that is obsessed does not originally exist.

This is also the essence of Zen teachings.



If I can do it, I do not want to work with consciousness of social value and evaluation.
A meditation gives courage to such me.

2017/06/28

怖がらずに勇気を持って生きよう!



今の社会を「安心社会」、「信頼社会」、「ブランド」という切り口で考えた。そこから個人として如何に生きて行くかを書いた。特に個人事業主の方はご一読を。


安心社会
日本社会は、長い時間をかけて人々を共同体に縛りつけておきながら相互規制を生み出すやり方を洗練させてきた。特に重要なのは、相互監視によって外部からの強制ではなく「和の心」「思いやりの心」で行動するのだと人々が考えるようになったことだ。その結果、人様にとやかく言われないように身を慎むことが至上の美徳となり、それを身につけた人々が暮らす社会こそが日本人が理想としてきた安心社会だった。その中にいる限り信頼出来る人たちかどうかを考える必要のない社会ではあった。しかし、そのなかでは互いに助け合うが、それ以外の人たちは信頼できない社会である。そこにとどまっている限りは安心できるが、そこから外れた時には大きなリスクを生む社会である。そのリスクを避けるために周りの人から嫌われないように、周りの人たちからどう思われるかを気にして生きていくことが必要になる。こうした社会での暮らしは、同じ仲間であることに懸念をもたれるような行動や態度は慎まなければならない。


高度成長期以降は、人々を土地ではなく企業という新たな共同体に縛りつけることで、日本式の安心社会を作ってきた。その社会にいるうちは人々は積極的にチャンスを活かした生き方をするよりは、波風を立てないリスクを避ける生き方を好ましいと思うようになる。格差が激しくなりつつある今の日本ではより以上にそこに留まろうとするメンタリティーが強くなっている。昨今の大企業の倒産や経営不振はその現れでは無いだろうか。実際、世界価値観調査の結果によると、日本人のリスク回避傾向は世界で一番強いようだ。しかし、グローバル化が進む中では、自らの意思や主張を明確にしながら知らない人たちとの間にも積極的な協調関係を築いて、お互いリスクをとりながらチャンスを活かせる社会を作らなければ、日本の将来は明るくないだろう。



信頼社会

日本人が築いてきた安心社会は理想的な面もあるが、内向きで夢や希望が持ちにくい社会でもある。一方、人類は法律という約束を作り、知らない人とも積極的に関係を持つことで社会を作り変えてきた。法律で秩序を守りながら様々な垣根を越えて行くことができる社会が信頼社会だ。どこにいても法律が個人をも守ってくれることで、他者一般に対する信頼が育っていく。その中で個人がリスクを取りながら自分の目的を自由に追求する生き方ができるようになる。


ブランド
しかし、法制度だけで社会の秩序を良好に維持するのは難しい。その時に一番有効なのが、人々が自発的に評価しあうことで得られる評判だ。これまでの安心社会では仲間うちでの悪い評判を避けることが重要であったが、これからの信頼社会では、仲間うちを超えてどこでも通用する良い評判を確立することが重要だ。もちろん良い仕事をするのが当然ではあるが、それだけでは社会に参加していることにはなりにくいのが信頼社会の現実だ。そのために自分の評判を広めることに投資をする必要がある。そして、良い仕事であれば、その評判はどこにいっても通用する形で社会に浸透していく。今それは一般にブランドと言われている。それがこれからの時代に利他的に人々を行動させる信頼社会の作り方だ。しかし、そのブランドもお金で買えるという資本主義の弊害もあるが、一人一人は確かなリテラシーを持って、どこでも通用するブランドを広くシェアできるようにするというのが、これから信頼社会を生きていくためには大切なことになる。











2017/06/26

新しい現場が始まりました。


明大寺の家の現場が始まりました。

建築は・・・






建築は素材で作られた詩である。
Architecture is poetry made with material.



                   宇野友明
                            T・Uno

2017/06/13

ホスピタリティーとヒーリング



建築の本来の目的はこのふたつ。



「ホスピタリティー」とは、「もてなし」のこと。

「お」がないのは、あるとうさん臭いから。


それは、ヒエラルキーのない人と人、人ともの、人と社会、人と自然との関わりの中で生かし合うこと。



「ヒーリング」とは「癒し」のこと。

肉体と精神の回復を意味する。



建築は、関わる全ての人にそれらが実現することで完成する。



The original purpose of architecture is these two.The original meaning is no hierarchies ”Mutually resuscitating" in  those relations a person and a person, a person and a thing, a person and society, a person and nature ."Healing" is the recovery of the body and spirit.Architecture is completed by coming true to all people involved in it.


家具難民 Furniture Refugees



ボクのクライアントは最近皆さん家具難民になってしまうようだ。

もう何年も前から「クライアントに似合う」、「この家だけのために」

という思いからほとんどすべてのものを職人による一品もので作ってきた。

そのせいで住み始めるといつもクライアント困ってしまうようだ。

すべてが手作りで素材をそのまま生かしたシンプルなものなので、

無難な素材感の既製品は高価なものでも安っぽく見えてしまう。

結局、家に似合う家具や照明が市販されているものの中に見つけられなくなってしまう。

それでも以前は、アドバイスをするだけでクライアントが選んだものを楽しんでいた。

というよりも実力不足で提案出来なかった。

しかし、ここ数年少しずつ建築のことが分かりかけてきたと同時に

家具やプロダクトも自然と提案出来るようになってきた。

また、それを再現してくれる職人がいることも大きい。





My clients recently seems to become a furniture refugees. Since many years ago "Also look good on a client", " For this house only".I have made everything with one time piece. That's why most of them are own original. It seems the client always  has trouble starting living. Everything is handmade, it is a simple thing that made use of the material as it is, so ready-made articles with a safely texture will look cheap even if they are expensive.Eventually they will not find any furniture or lighting that goes home with what is on the market. Everything is handmade and simple using the raw material, so it will look like cheap even if expensive ready-made items. Still I was just advising before and was enjoying the one a client chose. Rather than, I could not propose it because I was lacking ability. However, at the same time as I understood little about architecture in recent years. Furniture and products have become able to be designed naturally. Moreover, I think that there are also craftsmen who reproduce it.









































このスケッチはあるクライアントから

「宇野さんのスパニッシュダイニングチェアー(モーエンセン)作って」という依頼で考えたもの。

依然だったら「無理!無理!」と断ってしまうところだが、

最近は自分のものになるような気がするから二つ返事で「ハイ、分かりました。」って答えた。

が、しかし、Makino wood works お牧野さんに相談したところ

思った以上の金額になり、クライアントに見せるまでもなく頓挫中。


This sketch is what I designed at the request of a client "Mr. Uno's Spanish dining chair (Børge Mogensen)". If it is still, I am refusing "It is impossible! I can not do it" Recently, as I feel like becoming my own design, I immediately replied "Hi, OK." However, I consulted with Makino wood works Mr. Makino. It'll be the price more than I thought, and a client doesn't have that until it's shown and I'm suffering a setback.



もうひとつは同じクライアントから依頼されたスタンド照明。 

たぶん銅で作ることになると思う。

家具もプロダクトも小さな建築。

予算の中で求められる機能とデザインと耐久性、メンテナンスのことなどを考えて

ディティールを決めていく。

何が出来て何が出来ないかを知らないとデザインに強さが生まれてこない。

これが出来るまでに30数年かかった。



The other is a stand lighting requested from the same client. I think that it will probably be made of copper. Furniture and product are small architecture. I will decide the detail, considering functions, design, durability, maintenance etc in the budget. If it does not know what can do and what can not do it will not give strength in the design. It took 30 several years for me to be able to do these.



2017/06/10

最近は・・・



































この数日、今月末から始まる住宅の見積りと新しい住宅の案を考えるのでいっぱいいっぱい。

インスタやFacebook、ブログの更新など全く余裕がない。

いつまでたっても営業力は上がりません。残念!

2017/06/04

メンテナンス




昨日は久しぶりに幡豆の家のメンテナンスに行った。梅雨を前に雨漏りの補修。
こんな感じでほとんどのメンテナンスはボクとスタッフでする。費用がかから
ないしすぐに対応出来る。実は僕らにとってはそれ以上の大きなメリットがあ
る。それはこの目で、原因を確認出来るから。そして、その対応を自らの経験
と知識を総動員し、対処していくことで次の設計に生かしていくことが出来る。
何をして何をしてはいけないかを知ることで、設計の巾が格段に広がる。メン
テナンスはスキルアップと設計を楽しくさせる貴重な仕事だ。これはスタッフ
に取っても同じ。事務所の中にいては絶対に得られない経験だ。多くの設計者
は、工務店に任せ大切なチャンスを逃している。







メンテナンスのもうひとつのメリットは、施主とのコミュニケーション。
我が子(建築)の成長と老化をこの目で確認し、養父母(施主)に暮らしぶりを聞く。
ボクにとってかけがえのない人たちだ。

2017/06/02

建築の豊かさ




建築の豊かさは、体験できる自然の質と量で決まる。


*質とは安全性と快適性である。





The richness of architecture depends on the quality and quantity of nature that can be experienced.


* Quality is safety and comfort..


設計事務所は平成のオワコン



昭和のオワコンが棟梁だとしたら、平成のオワコンは、個人住宅を設計している小さな設計事務所だ。

最近、オープンハウスの参加者の中に地域の小規模なハウスメーカーに所属していたり、外部スタッフとして参加している設計士が多くなった。それらのホームページを見るとハウスメーカーと言うよりまるで設計事務所だ。デザイン性を重視して施工も行い、保証や保険(これらは独自なものはほとんど無く、我々と同じ住宅保証責任保険の範囲のものがほとんど)も充実しているようにしっかりとアピールし、オールインワンで家作りが出来てしまう安心感を売りにしている。それにも増して人気が出ている理由は、そのデザイン力だ。最近急速に受注を増やしているneieなどのデザイン力を見ると、多くの個人事務所は、最後の砦のデザイン力でさえも既に太刀打ち出来ていない。実際、neieの設計士に聞くとオープンハウスには毎回数十組の参加者があり、そのうちの数組は仕事につながると言う。残念だけれどもう既に決着はついているようだ。いつの時代も時勢に合ったブランド作りと広告に弱い業種は消えてなくなるようだ。

しかし、今ボクが思う個人事務所が生き残る手段は二つ。ひとつは、ターゲットを限界まで絞り、そこに向けて毎日安定して情報を流し続けること。実際それで成功している同業者もいる。もうひとつは、出過ぎた杭になること。キーワードはどちらも「絞る」こと。今更だけど、ボクは後者を目指すしか無い。笑 

家具職人  竹村さんのこと


彼は、「職人の鏡」と言える人だ。

ボクの建築人生にもとって大きな財産と言える人だ。

その仕事ぶりは、無駄が無く流麗で品がある。

道具も美しく、電動工具に至るまで20年以上のベテラン揃いだ。

それがすべて出来映えとして家具に現れている。

彼の家具が収まると、建築が一気にグレードアップする。

でもこれは、どんな建築にも通用する話ではない。

彼の家具は、ある意味リトマス試験紙だ。

収まった瞬間に造作の良し悪しが分かってしまう。

だから大工はいつも緊張する。
































彼と仕事をするようになって、多くの家具職人が彼の仕事を見学に来るようになった。





彼に初めて図面を渡したとき、彼が済まなそうにこうこ言った。

竹村さん「私は今までスライドレールとスライド蝶番を使ったことが無いんですよ。」

ボクは初め意味が分からなかった。

僕らの設計では、扉の調整がしやすくキャッチのいらないスライド蝶番が常識だし、

引き出しが軽く、箱の精度もそれほど必要のないスライドレールが当たり前だった。


竹村さん「扉も引き出しも全てインセットでお願いできないでしょうか。」

私 「???」「なぜスライド蝶番などを使わないのですか?」

竹村さん「壊れるから」

答えは簡単だった。

彼が考えている家具の寿命は、ボクが思っているよりもずっと永かった。

私「扉や引出しの面材と枠の目地は2mmほどで良いですか?」

竹村さん「単線で寸法を描かないでください。」

私 「????」

それが下の出来映え。





























でもこれでも、相当腕のいい職人なら出来なくはないかもしれない。

彼がすごいのは、上のキッチンの写真でも分かるように

自前の材料ではなく、ボクが支給した節だらけの材料。

去年竣工した桑名の家は栗材だった。

栗は最も狂いやすい材のひとつ。

それについて何か言うでも無く、何事も無く黙々と納めてしまう。

さぞかし梅雨時などは材が膨らんで

不具合が生じるだろうと思いきや

今まで納めた数軒に限っては、まだ一度もメンテナンスが必要になったことが無い。驚





螺旋階段の手摺も彼にお願いした。

薄い檜を何枚も重ね合わせ、それを現場で1本の手摺に仕上げてくれた。

多くの職人に彼の仕事と仕事ぶりを見てほしい。








































初めて彼が作ったキッチンの引出しを引いた時の感動は今でも忘れない。

木と木が優しく擦れる感触が手にまで伝わってくる。

その優しい感触は、そのままこれを作った人の優しさだと思った。

僕らの仕事の真価は、まさしくこれだと思った。

決してネットや写真では伝わらないリアルな体験だ。

ボクはその時、彼から建築家として大切なものを教わった。









受皿を作ってみた。


先日竣工した竹ノ山の家の歯ブラシホルダーに合わせて銅で受皿を作ってみた。
毎回希望があれば、僕自身が真鍮を削りだして作っているが、特に施主からの要望はなかったが、少し気になっていたことなので今回初めて受皿を作ってみた。


杉さんの工場に出来上がった金物を取りにいったついでに、銅板の小片を少しいただいて杉さんの指導を仰ぎながら、角を削り鉛板の上に銅板を置いて鎚で叩いてみた。打ち方はプロから見ればかなり雑さが目立つけど、それはそれで味が出たんじゃないかと思う。自画自賛。その後、薬でエイジングさせた。杉さんのおかげもあったけど、ただにしては上出来。自画自賛。

2017/05/25

2017/05/10

オープンハウスの告知



かねてより施工してきました「竹ノ山の家3」のオープンハウスを行います。
詳しくは、以下のサイトをご覧の上、お申し込みください。

「竹ノ山の家3」のオープンハウス

2017/04/12

施工中の階段。


スタッフの神谷君と一緒に長い時間いろいろ検討し、何百枚と積み上げた合板は、ほぼ予定調和の範囲内で収まっている。しかし、この景色は予定調和を超えていた。


2017/04/01

近況 ディティールを

























栄生の現場も終り、最近はもっぱら次の住宅の詳細の設計で、

竹ノ山の現場以外は、ほぼ事務所に缶詰状態。

また新しいディティールを思案中。

結果はまた現場をお楽しみに。


そういえば同業者の方は、ボクのディティールにかなり興味を示してくれている人が多いみたい。

僕自身は作ってしまったディティールは過去のもので、全く興味が失せてしまいます。

また同じディティールを使うことはほとんどないので

もし、ボクのディティールに興味のある方は、差し上げますのメールください。

著作権なんて難しいことはいいません。

時間があるときに無償でデータで送ります。

といっても具体的な部分は分からないかもしれないので、

オープンハウスの後などに問い合わせいただければ結構です。



余談
でも、ボクがディティール集作ったらかなりの分厚さになりそう。同じディティールは、ほぼないし構造も木造から鉄骨造、RC造、型枠コンクリートブロック造、混構造など多岐にわたるので見応えはあると思う。でも、ディティールは、ボクが職人に出したラブレターのようなもの。その想いは、その職人にしか分からないところがある。だから一般解ではないんだよね。よく分かった同業者が参考にしてくれると、アレンジして新しいものが生まれるきっかけにはなると思う。きっと○部さんのディティール集よりは面白いと思うよ。笑