2016/11/30

手すりの材料


今日は北洋木材の草野くんのところに行って
三が峯の家の階段の手すりの材料を選んできた。
材はブラックウォールナット。
家具でよく使う材だけど建材ではめったに使わない。
もちろん高価なこともあるけれどその色合いが独特なので結構使い難い。

今回は手すりというワンポイントアクセントで使ってみた。
段板はホワイトオーク、吊り材はチーク、手すりはブラックウォールナット。
ちなみに設計では吊り材と手すりは南洋材(セランガンバツ)程度のつもりだったが、
現場に入ってから変更した。
自分で選んでおきながら本当に贅沢な仕上だと思う。
でも、この家にはこれが似合うと思う。

写真は北洋木材の草野くん。
こんな感じで奥に積んである材をフォークリフトで出してきてくれる。





























今回は他に建具座材のホワイトオークがたらなくなったのでそれも調達した。
ホワイトオークは宅配便で僕の愛車にはブラックウォールナットを乗せて今から現場へ配達。











































ちなみにこれが北洋木材の名古屋市店の倉庫の全景。























0 件のコメント:

コメントを投稿