2016/10/31

芋掘り








昨日は祖母の実家の幸田町に姪っ子と祖母、長女と家内の5人で芋掘りに行って来た。
































かなり田舎に来た感じだけど、自宅から名二環、伊勢湾岸道、知立バイパスで45分。
































畑まであぜ道を歩く。




娘たちは鍬も持って芋を傷つけないように芋を掘る。







































自慢げ。






























里芋掘り。サツマイモとはかなり違うので彼女たちもビックリしていた。

娘は木に登って柿取り。








































僕は下で味見をしながら。






























最後はキューウィフルーツ狩り。

あ〜〜楽しかった。



2016/10/22

何度でも描き直すディティール。





今、三ケ峯の家の薪ストーブの最終チェックをやり出した。

もう既にここまででおよそ100時間くらいこの設計に費やしている。


時間じゃないと言いたいところだが、

ことディティールに関してはその完成度は時間に比例すると断言する。


明らかに数年前よりも描き直す回数が多くなった。



これは僕の設計の精度、解像度が上がったからだ。

以前ではぼやけていたイメージや機能が

寸法で正確に翻訳出来るようになったからだ。


ぼやけたイメージであればディティールは必要ないし、

作るのは誰でもいい。



また、多分に情緒的なものに影響される設計という行為は


”練る”


という時間が必要なことも避けられない。

















2016/10/21

明日は「Meets」


明日は、初めての「Meets」。


まだ、余裕があるので迷っている方は、


どうぞ。



https://www.facebook.com/events/527568594111644/?ti=icl

2016/10/20

初めて会うお施主さんに最近よく聞くこと。




「問い合わせ頂く時に勇気がいりましたか?」



最近、この質問をよくする。




というのも周りの人が僕にこんなことを言うからだ。


「宇野さんを知らない人は、宇野さんのことを難しいことをいうかなり怖い人だと思ってますよ。」


自分のことはよくわからないもので、


ましてや建築のことしか興味がない僕にとって


普段、自分がどう見られているかなんてさっぱり考えてない。


ただ、おじさんなので清潔感だけは意識しようと思っている。


僕に会ったことのある人は全く違う印象を持っていると思うけど


これも建築と一緒で実際に会うまでは説明のしようがない。


また、説明してもあまり意味のないことだ。





しかし、実際にその質問の答えを聞くと

僕の印象というより、

建築の印象の方がハードルが高いようだ。


それは至極当然のことだ。

一生を共にするのは僕でなく建築だから。


そっちに関心がなくちゃいけない。


以前からよく言っていることだけれど



僕が一番大切にしていることが、


「品」、「品格」。


これが僕のものづくりの中心にある。



そこから生まれる   “凛とした雰囲気”



失いたくないと思っている。



写真を通してでもそんな感覚が伝わっているのかもしれない。


嬉しいことだけれど


それは確かにひとつのハードルだろう。


少し難しい言い方だけれど


「真の品格は寛容さを伴うもの」



どんな生活やどんな生きざまでも


美しさを保つ器(建築)でありたいと思う。



それは作ることも難しいけれど、


手に入れることはもっと難しい。













2016/10/19

スタッフの仕事










































スタッフ澤村くんが、

換気パイプのフードの黒染めの作業をしている。


この金物は既製品だけど、

クロームメッキがしてあるので

それをグラインダーではがし、

紙ヤスリで仕上げ、

専用の液につける。

その付け具合で黒さが決まる。


その具合を相談しながら決める。

「今回はこんな感じで行こうか」ってね。



皆川明さんの番組を見て





先日、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀は皆川明さんだった。


恥ずかしながら、僕は彼のことを全く知らなかった。


僕と比べるのは恐縮だけれど


ファッションの業界でも


同じように仕事をしている人がいるのに驚いた。


少し励みになった。




「桑名の家」と「東谷の家」が昨日発売になった住宅特集11月号に載ってます。

「桑名の家」(上)と「東谷の家」(下)が

昨日発売になった住宅特集11月号に載ってます。


少しディティールも載ってます。


2016/10/12

家呑み

昨日、家内の買ってきた焼酎


この解説のようにかなりコクがあって、香りさわやかな呑み心地だった。

でも、かなり高めの焼酎。




























昨日の夕ご飯。

石狩鍋に芋焼酎。














2016/10/07

岡崎シロアリの神谷さん

      
昨年、完成した東谷の家のお施主さんが先日、

基礎に蟻道があるのを発見。

早速、岡崎シロアリ技研の神谷さんにお願いし来ていただいた。

神谷さんはシロアリ研究の大家。

有名人である。

シロアリ業者も白旗を揚げると彼に相談するほどだ。

そんな大家が岡崎にいる。

時々施主から相談されるとすぐに彼に連絡する。

彼は昔から一人。

10年以上も前に神谷さんからご教授頂いたことが今回も生きた。

大事に至らなく済んで良かった。

この辺りのシロアリは、ほぼヤマトシロアリだそうだ。

対処療法で充分に被害は防げるそうだ。

今回は蟻道を取って終わり。

後は様子を見て普通の殺虫剤で十分対応できるそうだ。

シロアリで不安な方はぜひ神谷さんに相談してください。

シロアリ業者に比べたら費用は相当安く済むと思う。

今回も特に処置をした訳ではないので

数千円で済んだようだ。


本当にいつも良心的。

ありがたい存在だ。


神谷さんの話を聞く度に

生態系ってバランスだと思う。

この世に害虫なんていない。

自然のバランスを壊す人間が害虫のような気がしてくる。



2016/10/05

新しいこと始めました。

いろいろな人と出会える機会を作ろうと思います。興味のある方は気軽にお申し込みください。通常は第3土曜日としますが、初回のみ第4土曜日の10/22日です。
一般の方の住宅相談は大歓迎ですが、事務所に興味があったり、私と建築の話がしたい学生や同業者の方も歓迎します。ご希望の方は以下案内に従ってお申し込みください。しばらくは一般の方以外は1組/月とさせて頂きます。一般の方に限り日時の調整はします。営業目的はご遠慮ください。


詳しくは事務所Facebookイベントページでチェックしてください。




事務所のFacebookページ作りました。



宇 野 友 明 建 築 事 務 所

2016/10/03

信楽  ガラス作家 荒川尚也の個展など

昨日の日曜日は家内と長女を連れて信楽に行って来た。


主な目的はガラス作家の荒川尚也さんの個展の見学。

それと芸術祭もやっているのでその見学もしてきた。


混むと聞いたので少し早めに腹ごしらえで黒田園さんへ。







































こんな感じで記帳して、昼前だったけれど既30分待ち。
































僕はいつものもり。
家内はニシン蕎麦。
長女はとろろ蕎麦。

あればいつもこんな感じで注文はバラバラ。

美味しかった。

久々に蕎麦で感動した。

名古屋でもそんなに頂けないくらいおいしい蕎麦だった。

行列ができるのも頷ける。


腹ごしらえを済ませた後、

今日のメインの荒川さんの個展へ。






ギャラリィーは登り釜が併設する古い民家を改修したところ。




会場はこんな感じ。



























今回は購入せずに見学だけと思っていったが、結局上の2つを購入した。

両方と一輪挿し。

上が¥11,000円くらい、

下が¥6,000円くらい。

見る度に荒川さんの品というか清潔感に惹かれて

ついつい買ってしまう。

でも安いと思う。

機会があれば、僕の建築のためにお願いしたい。

併設するカフェで一休み。































カメラ目線だけど撮られた記憶がない。
アホ面。







































ギャラリィーの隣の部屋でお茶農家の方が

自ら収穫した完全無農薬のお茶の試飲会をやっていた。

お茶を飲みながらお茶づくりについてお話を聞いた。

抹茶、荒茶、番茶を購入。






























その後家内と長女はろくろ体験。





























家内は経験者だけれどもうかなり前で全く覚えてなかった様子。
でも先生がかなり丁寧で教えかたが上手かったようで
1時間くらいの体験だったけれど、二人とも上達した実感があった様子。











































長女はかなり楽しかったようで、終った後も「楽しかった」を連発していた。


















2016/10/01

晩酌









最近、家内の晩酌はずっと焼酎。

伊佐美と三岳は1月ほど前にコストコで買ってきたもの。

一昨日両方とも空になったので

リクエスストに応えて今回は魔界。

家内のお気に入りは三岳。

伊佐美の方が高いけれど

香りはいいが口当たりが少しきつい感じがする。

魔界はコンクールで1等のラベルが


あったのそれに吊られ買ってきた。


三岳ほど高くはないけど、


味はまあまあ。


コスパはいい感じ。



僕は先日、娘のお土産で試飲したウォッカを購入。


でも、ウォッカだけをストレートで


飲んでいるとやっぱり物足りない感じ。











































家内は毎回この器で晩酌。

ちなみにこの器は、


高橋町の家2のクライアントの片瀬さんの作品。