2016/04/02

旅立ち

この3月は我が家にとって数年来の激動の月だった。


何浪かは娘のためにも言わないが、多浪の末やっと合格した。



毎年、太鼓判を押されながら苦汁をなめ続けた数年間は親子共々本当に辛かった。

一次試験から合格発表の日(3/13)までなんだか今思うと記憶が定かではないほど。

合格後は入学手続きや家探し、寮からの退去など、どれも期限のあることばかりで慌ただしかった。

引越業者は予約がいっぱいか法外に高価なため、結局、今週、水曜日、木曜日と自家用車で引越した。


慌ただしくこの時を味わっている余裕などなかったが、わが家にとって確かに1ページがめくれた日々だった。


幼い頃から絵が大好きで暇さえあれば絵を描いていた娘が東京の大学に行く。

あんなに甘えん坊だった次娘はすでに成人し、おそらくこれを機に家に戻ってくることはないだろう。


親にとって寂しくもあり嬉しい旅立ちの時だ。


ただ今は、遥か過ぎ去った子育ての時期を懐かしく愛おしく思う少しセンチな春を迎えている。

焼肉屋で乾杯


根津のチャイニーズレストラン。定年退職した商社マンの安くておいしい品のあるお店。


谷中の墓地に眠る家内の祖父にお礼のご挨拶。


長女の買い物に付き合い久々のドーム。


谷中の商店街で見つけたせんべい屋さんでお土産を買った。



せんべい屋さんがある小路。

0 件のコメント:

コメントを投稿