2016/02/22

岐阜、柳ヶ瀬、メディアコスモスに行って来た。

岐阜に行って来た。本来の目的は蕎麦屋だったが、出たのがあまりにも遅かったので、到着した時にはすでに売り切れで店はすでに閉店状態だった。



その後、柳ヶ瀬の商店街に行った。
かなり多くの露天が出ていて賑やかだった。
こんな感じで音楽も流れていた。



柳ヶ瀬に来た目的のひとつはこの店。


 このわらび餅。
かなり人気で運良く最期のひとつにありつけた。
信じられないくらい柔らかく、口に含むと溶けてしまうくらい。
長女は「これは液体に近い」と言ってた。
忘れられない食感だった。

きな粉もかなりこだわったものだと思う。
市販ではあまり味わえない感じだった。






 これも最期のひとつだった。
生クリームが入っていない。
かなり大人味のプリン。
ほうじ茶の苦みと香りも予想以上。
素材を活かすために甘さもかなり控えめ。
ジャンキー好きには物足りないかもしれない。
うちの家族にはど真ん中のプリン。

草餅。
この色から想像出来ると思うけど、
かなりよもぎの分量が多い。
香り味とも期待通り。
案も甘くなく小豆の味もよくわかる。


これはおまけで買ったもの。
表示通りもちもちの食感が記憶に残る。

この店はかなり店主のセンスがいいのを感じた。
素材を大切にしていることが本当によくわかるものばかりだった。
何でもやっぱりセンスと信念かな?




時間があったので、おまけに行って来た。
図書館でこれだけ来場者が多い施設は、
公共施設としてはかなり優れていると思う。




同業者の評価が比較的良かったので、
 少し期待していったが伊東さんの印象は変わらなかった。
ガラ携で撮ってもこんなにきれいに撮れちゃう伊東マジックに感嘆。

伊東建築の印象。
インテリア+アーキテクチャー = インテクチャー

かな?



それよりも撤去解体される旧県総合庁舎が哀しそうだった。



0 件のコメント:

コメントを投稿