2016/02/12

ぜんぶ手でつくる 28




 「暗黙知」




「暗黙知」と対をなす言葉に「形式知」がある。「形式知」とは言語化、図式化、データ化された、もしくはされる情報(知)のこと。今、コンピューターの出現でこの「形式知」の範囲が急速に広がり、今現在も拡大している。そのため、かつては一部のエリートの特権であった知的労働までもがかなり危機的な状況になっている。

先日、囲碁ソフト「AlphaGo」がプロ棋士に勝利したとニュースがあった。このソフトの恐ろしいところは、人間と同じように自分で考えられること。従来のようなビッグデータに基づいた量と速度に頼る情報処理ではない。いわゆる「問題」と「目的」さえ与えれば後は自分で考えて答えを出す。我々の仕事でいえば「条件」と「要望」さえ与えれば案が出来るということ。これだけでももうすでに今の日本の学校(建築)教育のかなりの部分が無駄であることと多くの建築士の仕事が奪われることが容易に想像できる。


おそらく近い将来、多くの建築家の仕事はコンピューターが出すいくつかの回答の選択をするだけの仕事になってしまうだろう。また建築家にとって幸か不幸か、彼らには描くことが出来ないような施工図や現寸図も同時に描いてしまうだろう。私が建築を始めた30数年前と比較してもかなり「形式知化」はかなり進んでいる。ここ十数年の建築雑誌を見ても同じような建築が並び違いがわからなくなってきた。今後の建築家の社会的評価は独創性や創造力ではなく、営業力とコーディネート力になるだろう。

ただ私はそういう建築家にもなれないしなろうとも思わない。

「暗黙知」

言語化、データ化、映像化できない「暗黙知」は、昔から芸事の芸、職人の技など見て盗むという形で受け継がれてきた。また、芸術や建築の持つ個々の存在感や空気感もそれに当たる。

今後ますます想像する以上に多くのことが「形式知」に変換され、人の価値は削られていく。今以上に自分にしか出来ないことを掘り下げていきたいと思った「AlphaGo」のニュースだった。










"Tacit knowledge" 








"Tacit knowledge" has a "Explicit knowledge" as a opposite word. "Explicit knowledge" is information"knowledge" that was verbalized ,schematized and data-ized. Owing to the computer, a range of a "Explicit knowledge" spreads out, and enlarges now.Therefore even the intellectual labor which was elitist's certain special privilege is the quite critical situation formerly.


There was news that Go software "AlphaGo" won to a professional Go player the other day.The fearful point of this software is able to consider by oneself like human.It is not information processing to depend on quantity and speed based on conventional big data for. Even if we give "problem" and purpose", they can get an answer by themselves.
Even if it is given a "request"and "condition", it can make the plan on our work. Because of this, it is able to image easily that a considerable part of present the Japanese architecture education is useless and the work of many architects is lost.

Many architect's work would be the work just to choose several answers a computer takes out the near future.The contract drawing and the full-size drawing which can't be drawn for many architects again would also be drawn at the same time. "Explicit knowledge"has quite spread in comparison with 30 several years ago since I have begun to work. A similar architecture has been published when I looked the magazine from ten several years ago and I have lost a difference of them.The social evaluation of the future architect will become a sales force and a coordinates force not originality and creativity.

I can not become such an architecture, and don't intend to become either.


"Tacit knowledge" 


"Tacit knowledge" which can't be verbalized,schematized and data-ized have been inherited by the way of looking and stealing such as the art of artistic accomplishmentsthe skill of the craftsman from old daysIn addition, the same as it is also an individual presence and atmosphere with the art and architecture.


Many things will be changed to "Explicit knowledge" more than we imagine, and the value of the person will be shaved increasingly from now on. News of "AlphaGo" told me the thing.

0 件のコメント:

コメントを投稿