2016/02/09

ぜんぶ手でつくる  27





「ひと」「もの」「こと」







今誌面を賑わす建築を見ると多くの建築家は何か勘違いをしていないか。「ひと」「もの」「こと」を誤解しているか全く無視しているようにしか見えない。

「こと」。これは決してコンセプチャルなデザインや仕掛けのことではない。建築にとって最もプリミティブな機能のことだ。アトラクションのような仕掛けは、消費されるばかりで百害あって一利無し。もし許されるとしたら、自然を感じられる仕掛けだけだ。

「もの」とは素材のこと。構造と素材は一体となって何らかの意味を持つものだ。中身を無視して表面の操作だけに終る行為は、素材に対する侮辱のなにものでもない。素材は建築家の表現の手段として生まれてきたのではない。漆喰は決して白色ではない。無数の色が混ざりあって偶然私たちの目には白色に見えるだけだ。また、決してボードの上に塗られることも望んでいない。

先日亡くなられた「森のイスキア」主宰の佐藤初女さんはあるインタビューでこんなことを言っている。

「食材を、ただ『もの』だと思うのと『いのち』として捉えるのでは、調理の仕方が変わってくるんです。ものだと思えば、ただ煮ればいい、焼けばいいって感じですが、いのちだと思えば、これはどうすれば生かせるだろうか、ということになるんです」



「ひと」とは施主ばかりでなく、建築に関る全ての人のことだ。施主ばかりに関心が向いていないか。優れた建築とはそれに関った全ての人に幸福をもたらすものだ。自分の欲求を満たすために誰かを犠牲にしていないか。そのために全ての人と心のキャッチボールをしなければならない。家づくりが楽しいゲームとなるように。












  "Person" "Thing" "Fact"



I wonder that many architects not do any misunderstanding now when I look many architecture to put an architectural journal. It seems to misunderstand or completely ignore "person" "thing" "fact" in me.  

"Fact". This is not  a conceptual design and devise, and is the most primitive function for architecture. A device like an attraction is only consumed and has much harm, and has no advantage. When it's permitted, it's only the device which can feel nature.

"Thing" is the material.Structure and the material have some kind of meanings all in one bodyThe act which ends in only operation in the surface and ignores the contents, is nothing of the insult for the material.

The material has not been born as the means of the architect's expression. The plaster is never white. The countless color mixes and just looks white in our eye by chance. Also they never wish it is painted on board.

Ms,Hatsume Sato of "the Ischia of a forest" supervision who passed away the other day had talked about like this by a certain interview.

"The way of the cooking will change,  we catch whether the foodstuff  is "thing" or "life".But if we think them only "thing",we will feel like that it should be boiled and be baked, if we think them "life",we will think how they will be kept alive."

" Person" is all people concerned with architecture as well as the client. Isn't the interest suitable for only a client? The excellent architecture's what brings happiness to all the people who were involved in it. Don't you sacrifice anyone to satisfy the desire? We have to make the catchball of the heart all people for it. I wish Archtecturing will become a fun game.

0 件のコメント:

コメントを投稿