2015/11/24

ぜんぶ手でつくる  24



「建築を作る人」





人は2つのタイプに分かれる。興味や関心が常に「人」に向けられている人とそれが「こと」や「もの」に向けられている人。もちろんハッキリとした境界線があるのではなく、両方を持ちつつもその時々の判断や行動パターンに偏向がある。前者は自己実現を人の反応や評価に求めるタイプで、後者はそれを「こと」や「もの」に求めるタイプ。おそらく大多数は社会性を重んじる前者のタイプ。彼らは直接人と関るような接客業、教育者、医療介護従事者などに向いている。後者はいわゆる少数派の「おたく」気質で1次産業従事者、職人、技術者、作家、研究者、芸術家、スポーツ選手などの職業に向いている。


本題はここから。

みんながみんな自分に向いている職業に就けるわけではない。向いていない職業に就いたとしても、自分のことを良く理解できば何に全力を傾注すれば良いかが自然と見えてくる。そして、自分なりの仕事の仕方を見出し、それが個性になったり強みになったりすることもよくある。大切なことはすぐに諦めないこと。他に興味を持ったり欲を出してしまったら結局どれも一流にはなれず社会から選ばれなくなる。




ボクがこう考えるようになったのは、日頃一流の職人たちの仕事ぶりを見ているからだ。彼らの仕事ぶりは実に清々しい。それは単純に純粋だから。彼らは日々自分が納得できる仕事をしようとしているだけだ。彼らには承認欲求も自己顕示欲も感じられない。ましてや名誉や地位なんて初めから眼中にない。仕事を手段にして何かを満たそうとしているのでもない。日々の仕事に満足することが目的だ。それが叶えられれば、彼らは現場で満たせれている。彼らと仕事をしてると時々醜い自分を戒めざるを得なくなる。

ボクは時々作ることにだけに集中できなくなる。「建築を作る人」と決めた時、地球上の全ての建築が目標になったはずだ。時折ちっぽけな自分が建築を手段に替えようとする。そんな時、いつも職人たちを見て自分自身を見つめ直す。

2015/11/20

ぜんぶ手でつくる 23






ディティール・プレゼ・人間力







私の仕事の大半は 「ディティール」 を考えることだ。「ディティール」 は最もプリミティブな仕事だ。漠然とプランが見え出した頃から始まる 「ディティール」 の模索は、メトロノームのように揺れるボクの感情と共に次第にその振幅を縮めていく。そして、職人が作り始める瞬間にそれは止まる。生まれるものはひとつだが、その上には幾重にも思考や感情が積み重なっている。実物でしか感じられない「何か」は、その見えない思考や感情の積み重なりに思える。


最近の建築に物足りなさは、この「何か」が感じられないからだ。外観や内観にしか関心を向けず模型での検討に時間を費やす。模型は模型でしかない。スチレンボードは何も語らないし、全てが縮小されたイミテーションだ。それを信じて建築を作ってはいけない。

素材に対する感情、そして、それを生かす寸法は自らの感覚を信じるしかない。模型を信じて思考を停止してしまうと、現場では模型で検討したものの確認作業に終ってしまう。建築家は大きな模型を作っているのではない。子供が育ち、人が生活する建築というかけがえのない住まいを作っている。

これから建築を学ぶ人は決して模型に頼ってはいけない。模型はクライアント用の "プレゼ" 程度で十分だ。建築家は素材に恋し、素材を生かし、それを寸法で実現していく素材の良きパートナーであるべきだ。目に頼らず、「思い」を寸法に置き換える感覚を養いそれを形にする。そうすることで現場が確認する場所ではなくなり、自分の想像を超えた不思議な場所になる。確認作業の習慣をつけると設計に飽きてしまう。だから多くの建築家は、歳を経るごとに少しずつ設計から距離を置くようになる。

「思い」をクライアントに理解してもらうのは難しいことだ。それは学生の時にしつこく教えられたプレゼという
ビジュアルや言葉を使った騙しのテクニックが通用しないからだ。

頼りになるのは人間力。信頼関係が築ければクライアントの理解は格段に広がる。親の家を設計すると思えば プレゼやコンセプトが全く意味のないことだとすぐ分かる。信頼がない段階でプレゼ などを駆使し理解を得ようとするから、クライアントは自分が理解できるものしか認めようとしない。スペシャリストの仕事はし辛くなり、やり甲斐や面白みも少なくなる。


結局、建築は建築家の人間力によるところが大きい。







2015/11/19

相変わらず


相変わらず現場以外は事務所に缶詰状態。
今日も一歩も外に出なかった。

案の定、3回目の考え直しでなんだかやっとしっくりしてきた。
でも、前例からすると出来るまでには多分まだ2回くらい変わるような気がする。

小説家は「言葉」に情緒を込めると言うが、建築家はそれが「素材と寸法」になる。

「たかが1ミリ、されど1ミリ。」

恥ずかしい話だけど、
このことを何となく実感できるようになったのがキャリア30年を過ぎた最近。





2015/11/04

最近は



最近は来年春に竣工予定のRC造の住宅のディティールに没頭中。

おそらく今考えているものも実際に出来るものとは違っていると思う。

一通り全部のディティールを考えてから全体をイメージしてまた考える。

現場が始まっても変更することが多いので

平均4〜5回の変更を重ね実物になる感じかな。



Hi Joanne.

I am sorry not to be able to reply.
Now I have no time as I am recently designing the detail of the house that you made a scale model with expanded polystyrene. and I can not take photos of Shironisi house. I want to show that's photos as soon as possible. Wait a little please.

I design the detail of the house of the scale model which you made recently. It is an upper photograph.

Enjoy life in Italy.

Bye.