2015/07/04

Last discussion of every other day 0704  私と私の仕事について


How do you think you, as an architect, see the world differently from other people?



This question is that I want to ask.  I do not understand oneself well. And  I cannot also compare it objectively.Probably the mind pursuing the universality will be my instinct. So I always ask myself.I in me always give answers. He is not social. Therefore the answer is easy to produce friction with the society. I do it how most of my work reduce the friction. Besides I don't understand well why many architects try to make a cheep architecture of consumption immediately.I think that we demand the connection with eternal life through the work. I can not find my future. But I don't wish myself become famous, only wish my work is known by more people.But It will be also difficult for me not to wish to be evaluated by the biased value standard such as competition and awards. Just I want gone with body and soul even all of the work from now on.




それは私が聞きたい質問です。自分自身のことはよくわからない。客観的に比較もできない。普遍性を求める気持ちはおそらくボクの本能だろう。だからいつも私は自分自身に問う。私の中の私はいつも答えを出してくれる。彼は社会的ではありませ。だからその答えは社会との軋轢を生みやすい。私の仕事の多くはその軋轢を如何に減らすかです。それよりも私は多くの建築家がすぐに消費されてしまうような安っぽい建築を作るのかがよくわかりません。私は仕事というのはどこか永遠の命とつながりを求めるものだと思っています。将来は私自身にも分かりません。私自身が有名になることは望んでいませんが、私の仕事がもっと多くの人たちに知って頂けることを望んでいます。しかし私はコンペや賞など偏った価値基準で評価されることを望んでいないのでそれも難しいでしょう。ただこれからも全ての仕事を全身全霊を込めてやり遂げたいと思っています。




インターシップ生のJoanneは今日で最後の日となりました。
半年間続いたこのディスカッションも今日で最後です。
少しでも彼女にとってよい勉強になればと思い続けてきましたが、
私自身もあらためて自分を振り返るいい機会になりました。
Joanne半年間ありがとう。
ご苦労さまでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿