2015/06/02

Discussion of every other day 0602

Mies van der Rohe said that architecture is the will of its time translated into space. How do you understand time in your architecture?


This is the famous words that Mies mentioned. But I never influenced by it. It merely mentioned the fact. The architecture should be discussed based on the fact that what is happening now. As we try to discuss Just a little of the future of "the newness", we're to confusion. Essentially bad things is selection and disappear, only essentially good things will remain. Old things are bad, nor is it mean that may be because new things. It should be determined and what appeals to the senses of people. Just what it is "the will of its time".

People will continue to live beyond the generations. But just the "Way of live"is changed along the times. There is the truth of architecture in "living And the good architecture is born in a person living well. Therefore you should do it as you think. It remain as long as it's the essentially good, only disappearing been selected otherwise. The selection is not badness. That is the will of its time too.

So you should persist what you believe the truth.It is not necessary to mind an evaluation and a result. If no results are obtained,  not only in the time did not match with oneself. "Live well"for me is what I find out "immortally" to dwell in myself. One of the keyword "silence". Because just it's indulgences to approach a creation of God.

Mies mentioned  such this too.
"Form is one that comes out as a result, not in our purpose. Does not exist in the form itself alone. That the form is a purpose it is formalism."

Toyoo Ito mentioned,
Invariance and eternity of architecture let the people follow the architecture, let have tied the people in the house,  and all egoism such as the authority, the demonstrations, the exclusiveness of the architecture must produce from there. So if there can be flexible architecture enough to follow always it as a center of the act of people by reversing this state, it's what should be most <comfortable> architecture for the body of people.

Aside from a good or bad of this discourse, this is the paradox that some Japanese top architects have fallen definitely. So there is nothing for me but to look of their architecture is childish.



これはミースの有名な言葉です。ただ私はこれから何か影響を受けるということはない。それは事実をいっているに過ぎないから。建築は今起こっている事実をもって論ぜられるべきものだ。「新しさ」というほんの少しの未来を論じようとするからよくわからなくなる。本質的に良くないものは淘汰されて消え去り、良いものだけが残っていく。古いものが悪で、新しいからよいというわけでもない。それは人々の感覚に訴えかけるもので決められるべきである。まさしくそれこそが時代の意志である。

人は世代を超えて「住み」続ける。ただその「住み方」が時代によって変わるだけだ。「住む」ことの中に建築の真実がある。そして、良い建築とは良く生きている人の元に生まれるものだ。だから、好きにやれば良い。本質的に良いものであれば残り、そうでなければ淘汰されて消えゆくだけだ。淘汰は別に悪ではない。それも時代の意志だ。

だから、自分が真実だと思うものを貫けばいい。評価や結果を気にする必要は無い。結果が得られなければ、時代が自分と合わなかったと思えばいい。私にとっての「よく生きる」とは自分の中に宿る「永遠」を見つけ出すこと。そのキーワードの1つが「静寂」だ。それは神の創造物に近づくための免罪符だから。

ミースはこんなことも言っている。
「形は我々の目的ではなく結果として出てくるものである。形それ自身単独では存在しない。形が目的であるということは形式主義である。」

伊東豊雄は、
「建築の不変性、永続性が人々を建築に追従させ人々を家に縛り付けるのであり、ここかエア建築の権威性、示威性、排他性等々のエゴイズムが全て生じているのに違いないのです。ですからもしこの状況を逆転させて、人々の好意を中心としてそれに追従するほどに柔軟な建築があり得たとすればそれが人々の身体にとって最も心地よい建築であるはずなのです。」


この言説の善し悪しは別として、これはまさしく多くの日本のトップアーキテクトが陥っているパラドックスだ。だから私はどうしても彼らの建築が幼稚に見えてしまう。

0 件のコメント:

コメントを投稿