2015/06/25

本日の追加「東谷の家」のオープンハウスについて

思った以上の参加希望者だったのでビックリしました。

本日午前10時半以降のメールおよびFacebookでの対応は出来ませんので

急きょ見学をご希望の方は直接携帯まで連絡ください。

現地には午後3時頃までいます。

090-3832-3723   宇野


2015/06/22

ぜんぶ手でつくる 8

8、建築に情緒を

話を分かりやすくするために小説を例に話をする。小説を書くことと建築を作ることは良く似たところがある。論文は内容(情報)が伝われば良いが、小説は言葉に情緒が込められていなければ意味がない。またそれが豊かなほど行間も豊かになる。建築はどうだろう。建物(building)であれば機能と経済性を果たしていれば良いが、建築(architecture)は寸法と素材に情緒が込められなければならない。またそれが豊かなほど空間も豊かになる。だからボクらは今すぐ現場に出て、それらとの同意性を養わなければならない。
 今、コンペにいそしむ建築家たちやプレゼ職人養成校と化した大学にとって建築は、2次元で表現することが本筋であるかのようだ。彼らは大きな勘違いをしていないか。本来クライアントとの信頼関係があれば、電通ばりのプレゼもリアリティーのないコンセプトも不要なはずだ。そこに当事者である生身のクライアントが不在だから架空の嘘八百をでっち上げないといけない。現場で職人と格闘する機会さえも与えらず、最後まで誰のために作るのか分からない。挙げ句の果てに建築を作る意味を見失ってしまう。実際建てられたものを見ると案の定、頭の中ばかりが動いて心が動かない。結局コンセプトの確認作業で終っていることに気付く。これはまさしくリアリティーの欠如、情緒の不在だ。こんなものは時代の要請に基づいた消費財にすぎない。社会的意味において100円ショップと何ら変わりはない。だから無駄とはいわないが、建築を夢見る若者の多くが生涯をかけるほどの価値はない。今は建物(論文)を作ったにすぎないのに建築(小説)だと誇らしげに叫ぶ馬鹿な建築家(小説家)がはびこっている。またそれをメディアが騒ぎ立てる。お互い2次元をフィールドにする同士ということか。まだ未熟な若者はそれに惑わされる。学問の延長線に情緒は生まれない。優れた小説が深い洞察力と人間性の中から生まれてくるように優れた建築も深い洞察力と人間性の中からしか生まれて来ない。建築の価値は有名無名や規模でもない。そこに豊かな情緒があるかどうかだ。


追伸
論文はその研究成果に価値はあるが論文自体に価値はない。建物は経済性や機能には価値はあるが建物自体に価値はない。小説は内容に価値があり、建築はその存在に価値がある。


To an architecture affectivity

I will try to explain taking up a novel as a example for easy understanding. Wighting a novel is similar with making a architecture. In a paper, it is good to be understood the contents (information), a novel does not make sense if it is not put affectivity into words. The space between the lines also becomes rich so that it becomes rich. How about an architecture, Though building sufficient play a functional and economical, architecture must be put affectivity into dimensions and material. The space also becomes rich so that it becomes rich. So we are now out in the site, it must be nourished a sense.


To express architecture in two-dimention seem to be the main subject for architects to work to competition diligently and university became a CG worker training school. Do they not do big misunderstanding?Originally if there is a trust relationship with the client, the presentation  and the concept without the reality should be unnecessary. You should make up an imaginary lie there because the client of the person concerned is absent. They are not given an opportunity to wrestle with craftsmen in the site, and do not understand what to make for anyone until the last. They lose sight of a meaning to make an architecture in the end. Sure enough If we look at what was actually built, only a thought rotates, and a heart does not move. Eventually you realize that you are finished with the concept of confirmation work. This is the very lack of reality, and the absence of affectivity. Such a thing is not only to consumer products based on the needs of the times. No different 1$ shop in the social sense. Therefore as do not say waste, many youths dreaming of architecture take a life; is unworthy. Now stupid architects(novelist) who cry proudly "This is just architecture(novel)" is rampant, though they made a building (paper). Also it the media raises a clamor, I wonder that with a comrade in two-dimensional field. The inexperienced youth is still confused by it. The affectivity is not born in an extension line of the study. Excellent architecture also come born from only only in deep insight and human nature as excellent novel born only from deep insight and human nature. Value of the architecture is not a famous anonymous and scale. It is whether there is a rich affectivity.


Postscript
As for the paper, the results of research include the value, but article in itself is worthless. In the building, economy and a function include the value, but building in itself is worthless. The novel has a value in contents, and the architecture has a value in the existence.

オープンハウス無事終了!

おかげさまで「東谷の家」の家のオープンハウスが無事終了しました。

まず始めにお許しいただいたお施主様のご厚意に対する感謝の意を
この場を借りて現したいと思います。

また、2日間で100名を超える参加者でしたが、
特に事故もなく見学して頂いた参加者方々にもお礼を申し上げます。



9割以上が同業者または学生なので私自身にはほぼ実益の無いオープンハウスですが、
私の仕事に興味を抱いて頂きわざわざ現地まで赴いて頂いている方々には何がしかのお役に立てるものと信じ、お施主様のご理解がえられる場合に限り今後も続けていきたいと思います。


ありがとうございました。

2015/06/18

Discussion of every other day 0617  差別と平等について

The field of architecture in Japan is a very male-dominated place of work. For women architects in Japan who enjoy their work and hope to dedicate their life's work to making good buildings, what are struggles that they face? And there are also universities with architecture programs just for women. How are women architects taught or treated differently than men in Japan?


Will there be the equality in our society. I do not think so. It is only natural if there is it. The world of architecture that you will try to live for also  is a male-dominated society as your say. Gender, ability, religion, race and so on, the various hierarchy will exist in every society. I am not interested at all. I am not even in a society activists also politician.You are trying to become the specialist of architecture aren't you? Such you are interested in them, may anything be meaningful? Will you think that you can do anything? There should be more that neither I nor you can do it. Please make an effort to make your proud thing grow up rather than look at such a weak(or dislike) thing. At first you should admit your weak thing and give it up. And Have the courage to focus on your proud thing. The one is much meaningful both society and you. Become a politicians,if you can not abandoned interest in the hierarchy of society. If you would like to live in a architecture, there is no time to have a look away. Your personality is useful for the society, and considerable time and effort are necessary till yourself come to be able to be satisfied. The life is not so long. If you will try to work in the society now, almost all people have ability than you. Make an effort to reduce even alone the people. Not enough it alone. And you find what only you can. I still fight against it every day. The growth stops at the moment when I thought that oneself is a human being with the talent. You have to admit what you can not and concentrate on what you can. The innovation is hard to be born from people that can do wisely. Be interested inward of yourself without being interested outside. Become humble and admonish yourself. I say again. Notice the your personality. And please make an effort to grow it. There is no time.  


Stay foolish!


私たちの社会に平等ってあるのでしょうか。私はないと思います。あるとしたらそれは自然だけです。あなたが生きていこうとしている建築の世界もあなたの言うように男性優位の社会です。性別、能力、宗教、人種等々、様々なヒエラルキーはあらゆる社会で存在するでしょう。私はそのどれにも全く興味がありません。私は政治家でも社会運動家でもはありません。私たちは建築のスペシャリストを目指しているのではないでしょうか。そんな私たちがそれらに興味を抱いて何か有意義なことがあるのでしょうか。あなたは自分がなんでも出来ると思っていませんか。私もあなたも出来ないことの方が多いはずです。そんな不得手なことに目を向けるよりも自分の得意なことを伸ばす努力をしなさい。まず始めに自分の不得手を認めそれを諦めることです。そして得意なことに集中する勇気を持ちなさい。その方が社会にとってもあなたにとっても格段に有意義です。もし社会のヒエラルキーへの関心が捨てられないのなら政治家になりなさい。もし建築で生きていきたいのであれば、よそ見をしている暇はありません。あなたの個性が社会の役に立ち、あなた自身が満足出来るようになるまでにはかなりの時間と努力が必要です。人生はそれほど長くありません。いま社会に出て建築の仕事をしようとすれば、ほぼ全ての人があなたよりも能力があります。その人たちをひとりでも減らす努力をしなさい。それだけでは足りません。あなたしか出来ないことを見つけるのです。私は今でも毎日それと戦っています。自分が出来る人間だと思った瞬間に成長は止まります。出来ないことを認め出来ることに集中するのです。何でもそつなくこなす人からは革新は生まれ難いものです。関心を外に向けずに内に向けるのです。謙虚になり自らを戒めなさい。もう一度言います。あなたの個性に気付きなさい。そしてそれを成長させる努力をしなさい。時間はありません。

Stay foolish!

2015/06/17

新しい家の陽光


東谷の家の陽光。

後日またちゃんと撮ろうと思う。

でも、ボクの腕では無理だ。

陽光はすごい。

ボクの想像をはるかに超えている。


刻々と変わる表情。


一期一会の瞬間だ。


これがボクの贈り物。

2015/06/06

銀婚式



私ことながら先月の27日で無事結婚25周年の銀婚式を迎えることができました。
これもひとえに私の努力の賜物と考えております(笑)。

写真は結婚式をした地元西尾市の伊文神社。数年置きにきていますが全く変わっていません。千年以上の歴史があるかなり古い神社です。ボクも子供の頃ここでよく遊びました。






当日はその後先日Facebookでも紹介した黄金屋のかき氷を食べたというスケジュールでした。

Discussion of every other day 0605

What do you think makes architecture human? Many architects strive to build real spaces for real people but their buildings often become functional without evoking deeper human needs.

Various architecture are born every day. The most are not at all interested in me. I may be interested in a small part of the architecture as bad example. My interested has been devoting entirely to an outstanding past architecture and the real society. I have spent looking forward to meet with the architecture that have not yet born while thinking about what I only can do in the few remaining time while writhing every day.


I have concerned with some stuff until from past to now.I only have worked my best with them  at that time, I have no awareness that I educated and brought up them.
Though I don't expect how they will become, I wish that the working in my office is useful for their architecture life.It is not so easy for them to continue to follow a belief sincerely and to be honesty themselves. I think that it is good to do their best at the place to be given. It is happy enough only it can do.

 Continue to the last talking.
The innovation is the result and is not the purpose. And Architecture is not a tool to create an innovation. It should not be asked the value of architecture in function and design and novelty. There is the value  in the same way as the presence of human. If you will judge everything with only a social ruler, You will misjudge the essence of things. It is important to consider the architecture with a ruler learned from philosophy and religion. Will it be only me that there seem to be many architectures  which philosophy and a religious viewpoint are lacking in in a novel ones?




いろいろな建築が日々生まれています。そのほとんどが私には全く興味のないものです。時々反面教師として極一部の建築に興味を持つこともあります。もっぱら私の興味は過去の優れた建築と今私が生きている社会についてです。残された時間の中で私にしか出来ないことを日々もがき苦しみながら考えつつも、まだ生まれ得ぬ建築との出会いを楽しみに日々過ごしています。

私は今日に至るまで何人かのスタッフと関ってきました。私は彼らと夢中で仕事をしてきただけで彼らを育てたとか教えたという自覚はありません。彼らに何か期待をしているということはありませんが、私の事務所で仕事をしたことが彼らのその後の人生に少しでも役に立てば良いと思っています。社会のなかで自らに正直かつ誠実に信念を通し続けることはそれほど簡単なことではありません。与えられた場所で一生懸命仕事をすることで良いと思います。それが出来るだけでも十分に幸せなことです。

前回の続き
革新は結果であり目的ではない。また、建築は革新を生み出す道具でもない。建築の価値を機能やデザインや新奇性に求めてはならない。人と同じようにその存在に価値があるのです。何ごとも社会性という物差しだけで判断してしまうとものの本質を見誤ります。哲学や宗教から教えられた物差しで建築を考えてみることが大切です。斬新な建築の中に哲学や宗教的な視点が欠けているものが多いように思えるのは私だけでしょうか。

2015/06/02

Discussion of every other day 0602

Mies van der Rohe said that architecture is the will of its time translated into space. How do you understand time in your architecture?


This is the famous words that Mies mentioned. But I never influenced by it. It merely mentioned the fact. The architecture should be discussed based on the fact that what is happening now. As we try to discuss Just a little of the future of "the newness", we're to confusion. Essentially bad things is selection and disappear, only essentially good things will remain. Old things are bad, nor is it mean that may be because new things. It should be determined and what appeals to the senses of people. Just what it is "the will of its time".

People will continue to live beyond the generations. But just the "Way of live"is changed along the times. There is the truth of architecture in "living And the good architecture is born in a person living well. Therefore you should do it as you think. It remain as long as it's the essentially good, only disappearing been selected otherwise. The selection is not badness. That is the will of its time too.

So you should persist what you believe the truth.It is not necessary to mind an evaluation and a result. If no results are obtained,  not only in the time did not match with oneself. "Live well"for me is what I find out "immortally" to dwell in myself. One of the keyword "silence". Because just it's indulgences to approach a creation of God.

Mies mentioned  such this too.
"Form is one that comes out as a result, not in our purpose. Does not exist in the form itself alone. That the form is a purpose it is formalism."

Toyoo Ito mentioned,
Invariance and eternity of architecture let the people follow the architecture, let have tied the people in the house,  and all egoism such as the authority, the demonstrations, the exclusiveness of the architecture must produce from there. So if there can be flexible architecture enough to follow always it as a center of the act of people by reversing this state, it's what should be most <comfortable> architecture for the body of people.

Aside from a good or bad of this discourse, this is the paradox that some Japanese top architects have fallen definitely. So there is nothing for me but to look of their architecture is childish.



これはミースの有名な言葉です。ただ私はこれから何か影響を受けるということはない。それは事実をいっているに過ぎないから。建築は今起こっている事実をもって論ぜられるべきものだ。「新しさ」というほんの少しの未来を論じようとするからよくわからなくなる。本質的に良くないものは淘汰されて消え去り、良いものだけが残っていく。古いものが悪で、新しいからよいというわけでもない。それは人々の感覚に訴えかけるもので決められるべきである。まさしくそれこそが時代の意志である。

人は世代を超えて「住み」続ける。ただその「住み方」が時代によって変わるだけだ。「住む」ことの中に建築の真実がある。そして、良い建築とは良く生きている人の元に生まれるものだ。だから、好きにやれば良い。本質的に良いものであれば残り、そうでなければ淘汰されて消えゆくだけだ。淘汰は別に悪ではない。それも時代の意志だ。

だから、自分が真実だと思うものを貫けばいい。評価や結果を気にする必要は無い。結果が得られなければ、時代が自分と合わなかったと思えばいい。私にとっての「よく生きる」とは自分の中に宿る「永遠」を見つけ出すこと。そのキーワードの1つが「静寂」だ。それは神の創造物に近づくための免罪符だから。

ミースはこんなことも言っている。
「形は我々の目的ではなく結果として出てくるものである。形それ自身単独では存在しない。形が目的であるということは形式主義である。」

伊東豊雄は、
「建築の不変性、永続性が人々を建築に追従させ人々を家に縛り付けるのであり、ここかエア建築の権威性、示威性、排他性等々のエゴイズムが全て生じているのに違いないのです。ですからもしこの状況を逆転させて、人々の好意を中心としてそれに追従するほどに柔軟な建築があり得たとすればそれが人々の身体にとって最も心地よい建築であるはずなのです。」


この言説の善し悪しは別として、これはまさしく多くの日本のトップアーキテクトが陥っているパラドックスだ。だから私はどうしても彼らの建築が幼稚に見えてしまう。

2015/06/01

New internship student!

本山、鳥鳥亭にて歓迎会。
中央が新しく加わったミゲール(スペイン)その左が2月から来ているジョアン(カナダ)。他はスタッフ。