2015/04/10

ぜんぶ手でつくる 7

7 ディテールへの思い



先日、講演にも行き、一目おく建築家のディティールが、どの建物にもある共通の仕様に基づいて作られていることを聞いてかなり落胆した。実物をまだ見たことはないが、もしそれが事実だとしたらボクの不安はハズレてはいないと思う。それはおそらく写真以上ではないだろう。そこで今回あらためてディティールについて考えてみることにした。

現場も始まり、最近は図面の最終チェックに負われる日々だ。写真の図面は城西の家のダイニングの照明のもの。もう何ヶ月も試行錯誤を繰り返し、ついに最終版のチェックをしている。もう杉さん(鉄の職人)に渡す時期が来ている。最後まで粘る。おそらくこのディティールの仕事を止めたら、事務所の仕事は半分くらいになるだろうな。でも、ボクは続ける。ディティール。そこにこそが真実があるから。

  • その建築に最も似合うものを作りたい。
  • みたことのないもの、この世にないものを作りたい。
  • 素材が歓ぶものにしたい。
  • クライアントのために作りたい。
  • 自分へのチャレンジ。
  • ぜんぶ手でつくりたい。
  • 職人が楽しんでくれるものを作りたい。

今回最後の職人の行に説明を加えようと思う。
ボクはおおよそはどんなものでも最初に出来たものが一番いいと思っている。もちろん2回目、3回目に出来たものは、手慣れて見た目もいいものが多い。でもボクは最初のものが好きだ。試行錯誤の痕跡が残り、見た目は少し悪いが、えてしてそういうところに作り手のまだ見ぬものへの好奇心と作る歓びが詰まっている気がする。だから機能と耐久性に問題がなければそれがベストだと思う。

ボクは作り手の好奇心やワクワク感、作る歓びが失われてしまった建築に魅力を感じない。機能さえ消費されてしまう現代建築において、作り手の歓喜は空間の中で永遠に生き続ける。ボクは建築をクライアントへのギフトしたいんだ。それは決してお金で買えないもの。




I am recently busy to check the drawing, because of the constracution has bigan.The drawing in the photo is the lighting of the jousai house. I have checked it many times for months, at last I try to check it last time now. The day of handing over to the craftman is close to. I hold out to the last. Perhaps if I stop my work of this detail,  my office work will be about half. But I keep going it. The details, because there is the truth there.
  • I want make the best matched thing for the architecture.
  • I want make the invisible thing and the thing that dose not exist in this world.
  • I want to what material rejoice.
  • I want make for the client.
  • For my challenge.
  • I want make all by hands.
  • I want make the thing that craftsman can be enjoy.
I think I try to add a description to the line of craftsmen.
I believe that almost what was made to the first is the best thing.Of course there are many the well experienced things and the good looking things in the things that was made for a few times. But I like the first things. I feel that a trace of the tray and error is left in such a place unexpectedly,and the appearance is slightly bad, but the curiosity to the unseen thing of the craftsman and to create joy is jammed in there. So I think the best what has no problem to a function and a durability.

I do not feel charm to the architecture that a feeling of curiosity and exciting of the craftsman and joy to make have been lost. The delight of the craftsman continues living forever in the space, if even the function has been consumed in modern architecture. I want to give a client the architecture as a gift. Nobody is able to buy it with money.







0 件のコメント:

コメントを投稿