2015/01/10

壮年の英会話学習について

この歳になって海外のインターンシップや仕事に関する問合せなど海外とコミュニケーションする機会が増えた。そのせいで毎日のように「もう少し英会話が出来たらな〜」という思いにさせられる。ネットなんかを見ているとついつい「2週間で話せるようになる」とか「何故あなたは英語は話せないか」なんて言うコピーに目がいく。しかし、いろいろ試みた結果、結論からいうと結局のところ本人の記憶力の問題。どんなに素晴らしい教材でも記憶しなければ全く役に立たない。建築のことはすぐに記憶できるのに英語になると全く記憶できない。自分では覚えたいと思っているのに脳が勝手に「もう入れる場所はありません」といってくる。無理矢理入れようとすると脳が怒ってオーバーヒートする。結局、その後仕事にならない。これが老化ということかな。よく年寄りが言ってたよな。

「若いうちにもっと勉強しておけば良かった」 って。

0 件のコメント:

コメントを投稿