2015/01/10

認められたい、 評価されたいと思ってるうちは・・・



「認められたい、評価されたいと思ってるうちは、確かに伸びるが、本質の楽しさは味わえない。そのヒントは子供にある。子供たちは、ただ楽しめる。そこに報酬も理由もいらない。」                
                                               武田双雲



ボクを今まで「楽しいか、楽しくないか」でほとんどのことを決めてきたような気がする。でも、物心がついてくるとそういう決断がかなり意識しないと出来なくなってくる。「子供心」って他人の評価を意識しない心のことを言うのだと思う。それだけじゃこの社会は息苦しいことも、この歳になるとよくわかっている。でも、それが満たされないと優しくなれないし、寛容にもなれないんだよね。本当の愛ってそういうところから滲み出てくるものなんじゃないかな。愛は決して表現するもんじゃない。去年の講演でも「愛!」愛!」って叫んでいるけど、愛を道具にしろって言ってるわけじゃない。50を過ぎて残りの人生を意識した時に、もっともっと子供に戻りたいと思った。もっと自由になりたいと思った。そうしたら少なくてもボクの周りの人くらいは幸せにできるんじゃないかと思った。

0 件のコメント:

コメントを投稿