2014/10/01

料理人と百姓

先日、いま注目の建築家谷尻誠氏の TEDxKG での講演を聴いて、そのプレゼンテーションの卓越さもさることながら、その内容を聴いてボクが以前からもち続けていたモヤモヤが少しハッキリしたのでここに記しておく。

講演を聴いた後,ボクはすぐに「奇跡のリンゴ」で有名な木村秋則さんのことを思い出した。彼は数えきれないくらいの失敗を繰り返した後に土づくりから始めることに気付いた。そして,ついに無農薬、無施肥のリンゴ栽培を成功させた。実はボクも30代の頃、同じような体験をしていた。仕事に納得できず試行錯誤を繰り返し、ことごとく失敗し数百万円の借金を抱えこんで苦しんだ。

光明は意外に簡単なところにあった。それまでは上手くいかない原因を他人に押し付けていたのだが、ある日ふと自分が原因ではないかと思った。今思えば当り前のことだけれど,その当時の僕にとっては大発見だった。結果的に自ら請負って作る今の仕事の仕方に辿りついた。その過程で僕にとっての「土づくり」とは「人組み」だったと思う。西岡棟梁が紹介して有名になった宮大工の口伝。

塔組は木組。木組は木の癖組。木の癖組は人組。人組は人の心組。人の心組は棟梁の工人への思いやり。工人の非を責めず己の不徳を思え。

設計のスキルを上げるのはもちろんのこと,それ以上に職人捜しに力を入れた。でも,今思うと本当に幸運に恵まれたと思う。それ以降,職人に苦労したことはないからだ。自然と集まってきてくれた感じがする。今でも仕事をする度に奇跡の出会いを実感し、感謝の思いが込み上げてくる。口伝の後節の2つは今だ不十分ながら、前節4つはどうにか形になっていると思う。今ボクにとっての土づくりは終わり、リンゴの木も順調に育っている。そして、そのリンゴをいかに健康でおいしいものに育てるかは、後節の2つにかかっていると思う。

結局、ボクの仕事はリンゴが生り収穫した段階でほぼ終っていると思う。実ったりんごは、職人の仕事でもあるがボクの仕事でもある。ボクはそれを最小限の調理に留め施主にお出しする。大切なことは最小限だ。ところが、多くの建築家の仕事は、ここから始まる。リンゴの切り方を変えたり、他の素材と合わせたり,いわゆる調理のし方を変えて振る舞う料理人の仕事だ。日本料理、フランス料理、時には家庭的であったり斬新であったりもする。結果的にボクがなりたかったのは料理人ではなく百姓だった。人の心を組みながら自然を相手に健康な果実を育て収穫する。ボクの長年のモヤモヤは,この料理人と百姓の違いだったような気がする。



The other day, listening to talk of now attention of architect Tanijiri Makoto of TEDxKG, even more than the excellence of its presentation, by listening to its contents, because I have a confusion that had continue to have from the previously little clear here I keep wrote in.

After listening to the lecture, I was reminded immediately of the famous Akinori Kimura in the "miracle of the apple." He noticed that you start from the soil making after repeated failure of much countless. And, finally he was successful pesticide-free, apple cultivation of non-fertilization. Actually my time even in their 30s, had a similar experience. Repeat trial and error in order to not be satisfied with the work, entirely fails, suffered by the debt of several million yen.

There was the light in the unexpectedly simple place.Until then, I had pressed the cause that does not work well in others. And one day or not suddenly cause myself I thought. But a matter of course if I think now, it was great discovery for me at that time. As a resultI arrived at a way of the present work that a contract made by oneself. I think that "The making soil" "The combination of personfor me in the process.

Oral tradition of Miyadaiku(the carpenter specializing in building shrines and temples) that Nishioka master carpenter became famous to introduce.


Tower set trees set. Tree set is set habit of the tree. Habit set of tree is the combination of person. Combination of craftsmanship is the combination of mind of craftsmen. Combination of craftsman of mind is compassion to the craftsmen of master carpenter. Think of your immorality without blaming the fault of the craftsman.


Of course I improved the skill of the design and put a force to looking craftsman any more. HoweverI think that I was really blessed with good luckThereafter, because I have not had trouble with a craftsman. I feel like nature and they gatheredI realize a miraculous encounter whenever I workcome welled up the thoughts of gratitude. Although the last two of the Oral's still not enough, the four before When I realized somehow I think. The making soil for me is overand the apple tree grows smoothly now tooAnd, I think whether or not I would be brought up in how healthy and delicious apples, but whether it can do the last two of the Oral's.


After all,  I think that my work is almost over at the stage that apple is made and harvestedRipe apple is work of the craftsmenbut is my workI leave it for minimum cooking and give it to the client. The important thing is minimalHoweverthe work of many architects begins in hereTheir work is one of chef to make by changing the way to the cooked or together with other material you can change the how to cut an apple. Their work, Japanese cuisine, French cuisine, also or a radical or a sometimes homely. AS a result, I wanted to be was a farmer rather than a chef. While combinates of person mind, to grow a healthy fruit while cuddled with nature, and to harvest. My longtime embarrassment feels like having been the difference between this chef and farmer.



2 件のコメント:

  1. 最小限の調理に留める。
    深い言葉です。
    自らに問い直したいと思います。

    返信削除
  2. そういうところにこそ,日本人の真骨頂があると思います。
    多くの日本の建築家は、それを忘れているような気がします。

    返信削除