2014/08/01

伊東豊雄インタビューを聞いて

伊東豊雄インタビュー

建築が、何かのメタファーであって良いのだろうか。

法隆寺が、

パルテノンが、

ル・トルネが

桂離宮が

ロンシャンが

ファンズワース邸が

何かのメタファーとして作られたものだろうか。

建築を何かの代わりとして、

自己表現の道具にすることにどうしても共感できない。

知的ではないし、謙虚さの微塵もない。

ポストモダンともどう違うのかも分からない。

建築が自分の子供だとそしたら、そんなことできるのだろうか。

ボクは、どうしても共感できない。

嫌悪感さえ感じる。

彼のファンは同業者にたくさんいるが、

何が良いのを教えてください。




Architecture is some kind of metaphors, and is it good?
Horyu-ji Temple,
Parthenon,
Le Thoronet,
Katsura Rikyu Imperial Villa
Longchamp
Fans Worth residence
Was it a architecture made as some kind of metaphors?
As the substitute that what is with a building,
I can never sympathize with making a tool of the self-expression.
It is not intellectual, and there is not the humility at all.
I do not know how it is different from postmodern either.
If a architecture is his child, then I wonder  he can do that.?
I can never sympathize.
I feel even loathsomeness.
A person in the same profession has his fan a lot,
Please tell that what is good.


0 件のコメント:

コメントを投稿