2014/06/26

優勝するには・・・

当然といえば当然の結果に落ち着いたのだけれど、ボク自身も電通の仕掛けにまんまとはまり、過大な期待をしたせいか、少し脱力感から復帰できない感じ。いろんな記事を見ると、「チームづくりのコンセプトや路線は間違っていない」とか、根性論とかメンタルの問題をあげているけど、そんなのいくら頑張ったって優勝は出来ないだろう。どこか的外れな議論ばかりで、挙げ句の果てにこの時期になると電通が頑張っちゃうので、みんな過大評価しすぎて、いつまで経ったってこのあたりから抜け出せそうもない。実際、この3、4回のワールドカップの結果を見ても、日本が成長していないのは明らか。もう少し冷静に客観的に考えた方が良いんじゃないか。

結論からいうと個人の力を上げることに尽きると思う。世界レベルでは、チームプレイにも限界がある。日本が見習うべきスペインやメキシコと比べても、チームプレイで見劣りするばかりか、個の力の差がかなりあると思う。コロンビア戦を見ても、ハメス・ロドリゲスひとりで、ディフェンダー二人も三人も引きずっていけば、当然スペースは出来るから点は入りやすくなる。よく一対一に強いというけれど、そんなの当り前で、強くてもあまりチームに貢献しない。海外の一流選手は、一対三くらいでも結構強い。みんなディフェンダーを自分におびき寄せてから勝負をかける。日本は、香川でさえもディフェンダーを怖がって、すぐに横にパスをしてしまい、全く攻撃にならない。ここが一番強化しないといけないポイントじゃないか。コロンビア戦でもボールポゼッションは、ほとんど日本。結果は真逆。もういい加減に気づかないと、結局は毎回、電通の一人勝ちということになっちゃうぞ。

2 件のコメント:

  1.  いろいろ言いたいことがありますが、そのうち自分のブログで書こうと思っているので、ちょこっとコメントします。
     宇野さんの言う「個人の力を上げる」っていうのは、
    「一人で突破してゴールを決められるスーパースターよあらわれろ!」
    っていうことだと思いますが、たとえそれで日本が勝っても、それはそのスーパースターのおかげであって、次から次へとスーパースターがあらわれなければ日本はサッカー国として強くなれないわけです。
     本来「個の力」というとテクニック・フィジカル・メンタル全てを含んでいるので、メンタル面を的外れと評するのはおかしな話です。今大会でメンタルを強く持って試合に臨んだ日本選手は何人いたでしょうか?最初の試合が重要なことは昨年のコンフェデレーションズカップで学んでいるはずなのに、同じ失敗をしでかしています。これはメンタルの弱さから来たものです。
     たとえば、香川選手は前回南ア大会以降、海外に渡ってトントン拍子でマンUに行ったわけですが、ワールドカップイヤーにつながるシーズンで初めて壁に当たり、メンタルをやられてしまっていました。技術的には突破を試みるだけのものを持っているのにです。
     日本は井の中の蛙だったと言われていますが、大海を知った時にわくわくしながら飛び込めるだけのメンタルを持っていたら、予選リーグを突破できなかったとしても面白い試合はできたはずです。
     メンタル面は非常に根が深くて、Jリーグの選手やマスコミが、ワールドカップイヤーに入っているにもかかわらず「代表入りをアピール」などと言っているのも問題の一端を表しています。「自分は十分力を持っているから呼ばれりゃ行くよ」くらいの気持ちで普段からプレーできないのかって思います。選手が皆そう考えられるようになった時が、スーパースターが次から次にあらわれる状態になったと言えるのではないでしょうか。

    最後に宇野さんは電通批判をしていますが、代表の試合が強化につながらない興業主義になっていることを懸念しているのだと思いますが、強化を図るのはJFAの責任であって、協会批判を抜きに電通批判をするのはいわゆるネト〇ヨと同レベルになってしまいますよ。

    返信削除
  2. コメントありがとう。たぶんそういうふうに思う人がいるだろうと思ってました。誰もクリスチャーノ・ロナウドやメッシやシャビのような選手が、日本に登場するなんて思ってもないし、ほとんど期待はしていないと思う。そんなこと当り前だからあえて書きませんでした。日本はやっぱりチームプレーでやっていくしかないと思う。でもボクは古市くんの論理では、ワールドカップにはでられるかもしれないけど、優勝することはできないと思う。今回の日本代表のメンタルなんかボクにはよくわからない。わかるのは、見ててつまんないことと、点が入りそうな感じがしないこと。メンタルを抜きにしても、基本的な技術やイマジネーションが足らないと思う。もちろんメンタルが重要なことはわかっているけど、それは他のすべての部分が、トップレベルにあるということが前提の話。スポーツだからまぐれはあるけど、常勝国にはなれない。ドイツなんか7大会連続予選トップ通過だよ。この間にはメンタルやフィジカルが最悪だった時もあると思う。でもトップ通過だよ。ドイツと比較するなと言うかもしれないけど、そのドイツだってその間で1回しか優勝してないんだよ。メンタル、メンタルといってたらあまり成長は望めないだろうね。そんなのに期待してても常勝国にはなれない。どんなスポーツでもそうだけど、メンタル、フィジカルが不調な時に勝てることが一流の条件。本当に日本を強くしたかったら、もっと冷静に合理的に愛を持ってサポートしなければいけないと思う。

    マスコミ的には、スーパースターがいた方がおもしろいが、日本人にはあまり向かないと思う。中田や本田のような選手は本来必要ない。スペインやメキシコのように個々の力の総和が、力になるようなチームづくりが向いていると思う。

    協会は誰を見てるか知ってる?国民、サポーターだよ。彼ら(自分も含め)が最も影響を受けているのは何?一部の専門家やマニアックなファンを除いては、ほぼ、マスコミでしょ。電通の目的は何か知ってる。金儲け。スポンサー集めだよ。日本を強くすることが、ミッションではない。でも、会社だからそんなの当り前。といいながらボクが思うのは、そこに愛が感じられないのが悲しいよね。協会の問題なんか当り前。やっぱり僕にとって愛が感じられない事は、批判に値するね。ありがとう。

    返信削除