2014/06/18

講演会で紹介した言葉1

先日の講演会で紹介したものです。
写実画家 磯江毅が残した言葉を一部建築になぞらえて僕が加筆(赤字)しました。
まさしく今僕が建築に感じていることそのままです。




写実(建築)的方法ということ。自己を表現するということの意味にも疑問を持つようになり、傲慢ささえ覚えるようになりました。写実(建築)は、むしろ自己を抑え、対象物(素材)そのものの再現に徹することのなかに、表現意識を封じ込んでゆくこと(=哲学)ではないかと考えるようになりました。

 The real (architecture) is a method to express/portray I’m starting to question the meaning of self expression, to the point of feeling arrogant or selfish. The real (architecture) is to suppress the self and instead focus on recreating and expressing the character of the material itself. I am starting to think that this form of expression is my architectural philosophy.



表現するのは自分ではなく、対象物(素材)自体であるということです。その物(素材)が表現している姿から、どれだけ重要なエレメントを読み取り、抽出できるかということなのです。角膜に受動的に映る映像を根気よく写す行為ではなく、空間と物(素材)の存在のなかから摂理を見出す仕事だと思うようになったのです。

It is not the self that we should be expressing but the subject (materiality) itself. One must be able to extract the important elements from the material and portray it in the architecture. It is not simply mimicking what you see through the eyes but to understand the serenity within the space and the subject (material).




(素材)をよく見るということは、物(素材)の成り立ちを見極め、やがてそれを解体、解剖することだと思うようになった(中略)。 写実(建築)には、客観性(社会性)の尊重というルールがあります。しかし、作家(建築家)はそのルールを守りつつ、自身の主観的表現欲とどのように対応し、折り合いをつけてゆくのでしょうか。作品(建築)の精神性の高さはそんなルール(社会性)の中に見出す精神の自由さによるものだと思っております。

To understand the subject (materials) is to understand its origins and to dissect and disassemble its parts. Architecture requires the respect and understanding of the social perception. The author (architect) must be able to abide by these principles while still expressing their own philosophy and still be willing to compromise. The freedom of expression within these rules (social perception) defines the spirituality of the project (architecture).

0 件のコメント:

コメントを投稿