2013/06/26

茅野の家具職人

先週末に家具職人と料理人に会いに茅野と松本に行って来た。

以前あるお施主さんのお宅にお邪魔した時に見つけたテーブルの脚に目がいった。

聞くと天板は実家の床の間で使っていたものを再利用したもので、

それに合う脚を茅野の家具職人に依頼したそうだ。


それに目が止まって、忘れられなくなった。




週末、茅野まで会いにいった。

期待した通りだった。

昨今は職人まがいの家具デザイナーが多い中で久々に本物の家具職人に会えた。


彼の仕事を初めて見たときの印象は間違いではなかった。

滲み出る品の良さは本物の職人の証拠だ。


彼のような職人の多くは仕事以外は苦手だ。

例に漏れず彼もHPも持っていないしSNSもしていない。

だから巡り会えるチャンスはかなり少ない。


でも、僕はそういう職人が好きだし、そういう職人と仕事をしていきたい。



0 件のコメント:

コメントを投稿