2013/06/11

火入れと試験炊き


先日竣工した竹ノ山の家2の薪ストーブの火入れ兼試験炊きをした。もう何台も作っているが、空気の設計というのはなかなか思うようにはいかないもので、実際に煙突を付けて設置した状態で焚かないと結構不安なものです。燃焼は問題なかったが、今回初めてオリジナルのペアガラスに耐熱シールを施したところそれが燃焼し白く曇ってしまった。前回のようにパッキンのみに戻すことにした。住宅もそうだけど自分で考えた道具がこういうふうに機能する不思議と喜びに浸る至福の時間です。

0 件のコメント:

コメントを投稿