2012/04/02

ひさびさに本の紹介


共感することばが多かった。いくつか紹介します。


「自分に課題を出し続けること。それが私の生きる糧になっている」


「末梢神経を刺激するものが多くなっている。そこに気持ちよさはあっても、心には響かない」


「魂の鏡を磨いていないと、そこに本物は見えて来ない」


「世の中が複雑になるほど、その複雑さを貫く単純な美意識が必要になる」


「自分に対してどこまで正直に生きられるかということ。正直さが自分の内面を輝かせてくれるのだと思う」


「手と心は直結している。描くことは指先から出る心の集積だと思う」





0 件のコメント:

コメントを投稿