2012/01/31

松本城

閉門近くの松本城に行った。
美しかった。

いつも自分に言い聞かせる言葉がある。

「同じ土俵で仕事をしているんだ」




ちなみに今、河村名古屋市長が盛んに名古屋城を木造で作ると言っている。僕は大反対だ。それは、名古屋城ほどの規模の公共建築を作ろうとすると、建築基準法や消防法など様々な法律で、建物全体を不燃化するなど本物の城とは似ても似つかないものになってしまうからだ。おそらく内から見ても外から見ても木造と分かるようなものにはならないだろう。ましてや木といっても接着剤で張り合わせた集成材の柱や梁しか使えない。悲しいことに今の大工では無垢の木で作る技術もなく、木材も国内にはないからだ。それに曲がったり反ったり割れたりする無垢の木を受け入れられる社会的な認識がない。ただ木質系のもので作っただけという悲惨な結果になる。また、省エネ法で高気密高断熱で窓なんかもアルミサッシにペアガラスになる確率が高いし、ユニバーサルデザインを義務づけられ、エレベーターは必須。下手するとエスカレーターなんかも着いちゃう。せいぜいなぐさめ程度に所々木を使った公民館や博物館のようになるのがオチだ。おそらく今の名古屋城の方がコンクリート造なので重厚感があり、存在感としては勝るだろう。城は命を賭けたまさしく最後の砦だ。その緊張感があの美しさを生んでいる。人寄せパンダの城なんか論外だ。こんな無駄遣いは絶対に阻止しないといけない。こんなものが出来てしまったら名古屋が世界の笑い者になる。2月19日に市民大討論会が催さる。ちなみに申し込みの締め切りは2月6日。

2012/01/30

松本のそば屋

松本のクライアントに紹介していただいて、そば屋さんに行きました。「蕎麦倶楽部 佐々木」店の前に本日の蕎麦のブレンドを紹介しています。とにかく美味しかった。さすが信州。なかなか名古屋では食べられません。かなりていねいな仕事であることがよくわかります。







住 所    390-0874 長野県松本市大手4-8-3 
電 話    0263-88-3388
定休日    月曜日
営業時間  [平 日] 11:30 - 14:00/18:00 - 21:00
      [土曜日] 11:30 - 14:00/18:00 - 21:00
      [日曜・祝日] 11:30 - 14:00/18:00 - 21:00













松本の家具屋

先週末仕事で松本に行った時、帰り際に中町の商店街を散策した。そこで久々に感動もののお店があった。家具屋さんらしいが、置いてあるもののほとんどは、ヨーロッパから輸入したオリジナルの照明だった。アンティークだと思ったら、すべてが新品だった。まだヨーロッパには、こんな本物の照明を作っているんだとビックリした。ツヤツヤペラペラ感が全くなく、とても重く、どれもアノニマス(無名性)なものばかりで品よく、商品の多さも気にならないくらい清々しい空気が流れているお店だった。店内は撮影禁止だったので、写真はネットから借りたものだが、こんな感じの店だった。写真のものとは違うが、とても気に入ったスタンドがあったが、いきなり十数万の出費に勇気が出なかったのが残念!また今度リベンジするぞ。ちなみにHPはないそうだ。店番は奥さんらしいが、ご主人が家具職人で、店においてある数台の家具はご主人の作品で、売り物らしい。







店名     寒山 (カンザン)
所在地    松本市中央 3-4-21
Tel       0263-34-1413
営業時間  10:30~18:00
定休日           水曜日
アクセス        松本駅から、徒歩12分 ・中町通り

すこしずつ・・・

一昨日(28日)朝、次女を東京に見送った。去年は長女、今年は次女の受験。何気ない日常の一コマだけど、20年ほど前、親となった僕にとっては、子育てが終わりつつあることを知らせるひとつの大切な出来事だった。親となった時、未熟な自分が親になることに大変戸惑っていたことが懐かしい。何もしてあげられないけれど、ひとつだけしてあげようと思っていたことがあった。それは一生飽きない”おもちゃ”を一緒に探すこと。僕も親のおかげで”建築”という”おもちゃ”を見つけることが出来た。これは僕の人生にとってはとてもラッキーなことだった。だから、子供たちにも同じことをしてあげることが、僕の義務だと思ってきた。どうにかその義務もすこし果たせたような気がしている。長い人生で平坦な道ばかりではないだろうけれど、長女は「幼児教育」、次女は「画家」の道に進みそうだ。まだ、しばらく親としてのやらなくてはいけないことは多いが、どうやら子育ては終焉を迎えつつある。

2012/01/27

応援しよう

枝野大臣が経産省前で抗議のためにテントを設営している市民や福島のお母さんたちに対して、本日午後5時に強制撤去の命令を出した。
http://www.avaaz.org/jp/stand_with_fukushima_mothers/?tta

「強くなければ・・・

小出裕章さんが作家レイモンド・チャンドラーの言葉を紹介していた。


If I wasn't hard, I wouldn't be alive. 
If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.


        
「強くなければ生きてはいけない。
 優しくなければ生きていく資格がない」

定期講習会

耐震偽装事件以来、建築士の信頼は低下しその対策として法規や倫理、最新技術を学ぶ定期講習会が3年に一度受講が義務づけられた。一日中机の前に座り、最後に試験を受けるこの法律は、学生時代をはるかむかしに仰ぎ見る私にとっては苦痛の何者でもなかった。ただ全く無駄だったかと言うとそうでもない。責任の重さをあらためて省みるいい機会にもなった。しかし、悲しいのはその目的は、建築士の倫理向上とスキルアップのはずだったが、結果的にここにも「財団法人 建築技術教育普及センター」という官僚の巨大な天下り先と退職金収集システムを作ってしまった。ちなみに受講料(上納金?)は、15,000円。

2012/01/17

四郷のアトリエ

東側外観(玄関)

室内

南側外観

オープンハウスのお知らせ(再)

お施主様のご厚意により、「藤巻の家」のオープンハウスを行います。


藤巻の家
  
 日時 1月 21日(土)  午前10時〜午後3時
        22日(日)      午前11時〜午後3時

 住所 名古屋市名東区藤巻町地内



・ご希望の方は、メールください。
・ご希望の時間を必ずお知らせください。駐車スペースに限りがあるので、お問い合 わせ順で調整させていただきます。
・スリッパをご持参ください。
・敷地内、室内の飲食は堅くお断りします。
・お子様の入場も問題ありませんが、ご配慮をお願いします。

追伸
基本的に対象は一般の方のみとさせて頂いておりますが、若干余裕ができそうなので同業者や学生の方で、強く希望される方は、住所、氏名(所属先も含め)、連絡先を明記の上、一言添えてご連絡ください。ただし、二名以上での申込みはお断りします。

2012/01/11

署名を

いま政府が福島の子供たちに許容させようとしている被曝量は、5年間浴び続けることで30人に1人の割合で癌にかかる子供が発生するす。これは国際的に認められている基準の20倍です。私自身は単純に阻止するつもりはありませんが、いまの政府は、福島県民に対して説明がな無さ過ぎると思います。様々なリスクを十分説明した上での避難解除は致し方ありませんが、やみくもに被曝を許容させる姿勢には納得いきません。自分の子供が無認識のうちに+3%の癌発生確率を負わされるという現実は本当に悲しいことです。


Avaaz.org」という世界の人々の声や価値観が政策決定に反映されるよう世界規模でキャンペーンを行う非営利団体が日本国内で盛んに運動を呼びかけています。賛同いただける方は署名を。

2012/01/06

New year greeting 2012


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。



今年の写真は、「白山の家」でした。今年は、西澤さんの作品を見ていただきたかったので、写真の上に文字を載せませんでした。表に小さく"New year greeting 2012"と記しただけでした。受けとった方は、意味不明だったかもしれませんね。届いていない方は大変失礼しました。これをもって年始の挨拶とさせてください。来年必ず送ります。期待せずに待っていてください。