2012/12/27

唯一の忘年会


事務所の忘年会以外は、唯一毎年12月20日にこのメンバーで忘年会をしている。今年は都合で21日になったが、今年でもう10回ほどになる。左からASOの柴田さん、私、西川設計室の西川さん、富士美サッシの塚本さん、手前の電話中は岡本建設の岡本さん。

お休み

30(日)〜1/6(日)の間お休みします。

よろしくお願いします。

2012/12/25

忘年会

今年も例年お通り忘年会を行ないます。

日  時  12月29日(土) 午後7時
場  所  自宅
参加条件  特になし。 差し入れは特にいりませんが、自分の飲む分は持参ください。    

2012/12/18

消費税

選挙についてはいろいろ言いたいことはあるけれど、今回は今私に最も関係の深いことについてのお知らせ。



以前にもこのブログで紹介しましたが、

いよいよ再来年4月から消費税増税が施行される可能性が高くなりました。

現行の消費税で請負契約が有効なのは、

施行される半年前の9月30日までに請負契約を済ますか、

施行される前日の3月31日までに竣工している必要があります。



竣工時期は、工法や規模にもよりお約束できないので

ご希望の方は9月30日の請負契約を念頭にご計画ください。

その場合、規模や内容にもよりますが、

基本設計を始めるタイムリミットは、2月中になると思います。

よろしくお願いします。


2012/12/12

日本人の価値・本当の自立

今政治家の言葉がむなしく感じるのは、そこに夢がないからだろう。

あるデータによると日本人の経済的な価値は、ドイツ人の1/3だと言われている。今日本を覆う多くの諸問題の根源はここにある。成功体験に甘んじた日本人に今、新しい価値を創り出す社会的な環境が無くなってしまった。規制や罰則、横並びの空気を読む社会環境からは本田宗一郎や盛田昭夫、安藤忠雄、スティーブ・ジョブズは生まれない。

しかし、元に戻ることもできない。少子化高齢化が進む現状で、彼らのようなクリエーターが生まれる環境が作られなければ日本は現実にギリシャと同じ運命をたどるだろう。そういう社会を作ろうと謳う政治家がいない。小手先の日銀たたきをしたり、自由化と叫んでTPPを推進する。またそういう党に限って自立と言う。完璧に矛盾した政策だ。

本田宗一郎、盛田昭夫、スティーブ・ジョブズが日本に何十人もいれば、自由競争なんかしなくても言い値で売れる。それが本当の自立だ。資源のない日本は、人を育てるしか生き残る道はない。小手先の経済政策は、小泉経済改革でこりごりだ。

社会全体を昔に戻すことはできないが、彼らのような天才を集中的に創り出す研究所がアメリカにある。それはMIT Media Lab。先日もNHKで特集していた。現所長が日本人だ。こういう研究所をメディアの分野に限らず大規模に国家予算で作り投資してほしい。すぐに結果は出ないが、過去に負債しか残さない我々世代は、将来世代に何か残すべきだ。

右傾化

最近自民党の片山さつきがツイッター。



そもそも義務を果たしたから権利が与えられるという考え方が、相当権力ボケしている。義務を負えない多くの日本人には権利はないということか。「日本国万歳」といって戦死た人たちはどう思うだろうか。

先日の朝まで生テレビでは、自民党の西田昌司がこんなことも言っていた。

「今の憲法は憲法の資格さえない、主権は国民にはない日本が長年培った伝統と歴史に主権がある」

主権在民は、多くの犠牲を払い人類が数千年かけ20世紀になってやっと手に入れた宝。

最近、次の対戦が起こるとしたら、前の大戦のときと同様にきっかけは日本が作ると海外のメディアや有識者が言っているのを時々目にする。

2012/12/04

明るい日本

選挙が始まったので、少し政治的な話。最近は右寄りの怖い政策を大きな声で叫んでいる政治家が目立っているので本当に怖い。僕の孫やお施主さんの子供たちも戦争に行く可能性があるのだろうか。あ〜やだな。戦前と同じように経済力が落ちると同じ歴史を辿るのが人間の愚かなところ。やっぱり最も平和的な抑止力は経済力。そんななか最近の明るいニュースがあった。バイオエタノール日本海のシェールガス南鳥島のレアースなど。

2012/12/03

名都美術館

「 楊貴妃」上村松園 第4回帝展 大正11年制作 松伯美術館蔵
昨日、名都美術館で行なわれている 麗しき女性の美 上村松園 鏑木清方 伊東深水展」行って来た。実は以前から日本画(特に美人画)はあまり良く分からなくて、今回巨匠3人の展覧会だったので、見比べることが出来ると思い行ってみた。なるほど見比べるとその違いはよくわかるが、やっぱり単独で見るとたぶんわからないと思う。でも、あいかわらず省略の美は、本当に見習いたい。表現されている線と色は単純だが、画家が積み上げてきた技術と英知の結果だと思う。

2012/11/21

お知らせ

先日、「竜泉寺の家」が、海外メディアのDezeenにアップされています。最近、海外メディアからの問合せが急増し、その対応で大変です。高校の英語の授業に戻ったようで毎日英作文で頭を悩ませています。今後もイタリアやスペイン、イスラエル、サウジアラビアなどのサイトにアップされると思うのでお知らせします。ちなみにDezeenのコメントが、厳しいものが多く面白いです。

2012/11/19

事前撮影

長女の成人式の事前撮影をした。ハプニングもあったが、いい思い出になったと思う。着物は家内も着たもので、長女で5人目。

2012/11/05

お祭り


こんな感じでお祭りは始まり。




みたらし団子、焼きそば、フランクフルトの出店を町内で出しました。大盛況のうちに無事終了。


2012/10/27

「愛国心ー官製のいやなことば」三島由紀夫

この言葉には官製のにおいがする。また、言葉として由緒や優しさがない。どことなく押しつけがましい。(略)もし、キリスト教的な愛であるなら、その愛は無限定無条件でなければならない。したがって、人類愛というなら多少筋は通るが、愛国心というのは筋が通らない。なぜなら愛国心とは、国境を以て閉ざされた愛だからである。

2012/10/22

新しい現場が始まりました。

「竹ノ山の家2」が始まりました。

RC造  地下一階地上2階建て


竣工は来年5月末の予定。


冬支度


今日は一日薪ストーブの手入れをして冬支度。今年は煙突を延長して性能チェックをする予定。この薪ストーブで何度も実験をして、ここ数年やっとオリジナルの薪ストーブを作ることができるようになった。



2012/10/20

メンテナンス


写真を撮っていないのでアップしていませんが、去年の始めに竣工した「翠松園の家3」のメンテナンスに入りました。写真は、スタッフとオープンデスクとで屋根のトップライトの掃除と煙突のペンキ塗りをしているところ。室内では床や建具、薪ストーブのメンテに入りました。

2012/10/12

パティスリー グラム



最近良く雑誌やテレビで紹介されている近所のケーキ屋さんに家内と一緒に行ってきた。甘いものがあまり得意ではない家内と僕でこのケーキひとつ。客足もまだメディアの影響かいつもかなり盛況の様子。僕らがいた間もひっきりなしの状況だった。ケーキはかなり手の込んだ職人の仕事といった感じ。食感も良かった。コーヒーもかなりレベルが高く、カジタのコーヒーかと思わせるものだった。多分メディアの協力なくしても十分にやっていけるお店だろう。

2012/10/09

石元泰博


石元さんのの写真展に行って来た。我々建築をやっている人ならみんな知っている写真家。僕も持っているが、「桂離宮」は特に有名。何度見ても彼の写真は好きだ。分かりやすくて分かり難い。


2012/09/20

消費税のこと

専門雑誌を見ていたら消費増税が意外に早くやってきそうなのでお知らせします。

ご存知だとは思いますが、消費増税(8%)は、2014年 4月1日から。

工事費の消費税を現行の5%にしたいのなら、半年前の前日2013年 9月30日までに契約をすませなければならない。それ以降は、追加工事も含めすべて8%になる。

意外に早く増税の波がやってくる。

びっくり!

おそらく僕の設計のペースだと、遅くとも実施設計を6月には始めないと間に合わない。
そうなると基本設計は、最短でその三ヶ月前から始める必要がある。

今のところは、まだ少し余裕はありますが、状況により間に合わない場合も十分に考えられますので、来年ご予定の方は出来るかぎり急いでください。

何せ仕事量として年に3〜4軒が限界なので、よろしくお願いします。

ただ、住宅ローン減税も期間と税率で控除幅を広げるという話もあるそうです。


2012/09/18

改正省エネ法が危ない

2020年に施行される改正省エネ法が、この秋、具体的に決まる。関東以西の住宅の消費エネルギー消費の7割は、家電、給湯、照明だ。冷暖房はおよそ2割。その7割についての基準はなく、2割に厳しい基準がかかる。内容については複雑なので、詳しくは説明しないが、前提として、建築業界にも原子力ムラと同じ「建材ムラ」と「家電ムラ」が存在することを知ってほしい。このムラが、この機に便乗して、官僚と結託し、使用基準を決めている。例えば扇風機よりエアコンの方が省エネという内容だ。また、数が多ければ多いほど省エネだ。断熱建材の指定も厳しくなる。もちろん、開口が大きく土壁で縁側がある日本建築は不可能になる。ハウスメーカーの住宅を嫌い、設計事務所に依頼するクライアントのニーズに応えるのはかなり難しくなる。設計事務所の特徴を出すのは難しいだろう。施行後は、設計事務所は激減するのは必至。それに合わせて多くの工務店は、ハウスメーカーの下請業者になり、職人は廃業か組立工にならざるを得ない。みんな知らないうちに大変なことが進んでいることを知らない。ただ省エネは必至なので、太陽電池や燃料電池などの創電によるトレードオフで、外皮(断熱、仕上げ)規制の柔軟な対応を求めたい。9月末にパブコメがあるようなので、同業者に呼びかけようと思う。その前に今日、現国交大臣の羽田さんと元の大臣の馬淵さんに要請のメールをした。



2012/09/15

ちょっと政治の話

今朝、中日新聞を見ていたら「維新、小泉改革を継承」なんて見出しが載っていた。

はっきり言って大反対!しかし、自由主義に反対している訳ではない。今はそれが最優先の政策ではない。保守的なサラリーマン経営者の元で、創造の力を失っている日本社会が、海外に打って出て、戦っても結果は今の通り。現実にシャープやパナソニック、ソニーまでもが苦境に立たされている。安い労働力を求める大企業の海外流出は止まらない。このまま自由主義をさらに加速すれば、低賃金労働や失業者がますます増える。多くの日本人は、米国のような社会を望んでいるのだろうか。

今、日本がしなくてはならないことは、スティーブ・ジョブズのような創造力のある人材が育つ教育と環境をもう一度取り戻すこと。100万人の奇人、変人、プー太郎が幸せに暮せる社会。そんな社会から彼のような人間が生まれる。事実、日本は50年前それに近い社会だった。盛田昭夫(ソニー)が生まれ、本田宗一郎(ホンダ)か誕生した。今の日本は明らかに逆行している。空気を読み、横並びを良しとし、法律により監視する。そんな日本にいま、自由主義を押し進めていっていいのだろうか。今以上に経済界(金持ち)と官僚の独裁が進むのが目に見えている。

今、求められているのは、外に向かって戦いを挑むことではなく、ドメスティックな力を再び取り戻す時期だ。原発事故を経て、今、再エネを旗頭に産業構造の転換の時期を迎えている。今は力を蓄える時期だ。やみくもに外に戦いを挑んで体力を失うことはない。しばらくは国内で新しい産業と新しい価値を創出し、次への戦いの準備をする時期だと思う。

昨日、政府は「確信的エネルギー・環境戦略」の中で、「グリーンエネルギー革命の実現」を提言した。まだまだ信用は出来ないが、とりあえず前向きな提言なので評価はしたい。だとすれば、時々お見受けする米倉経団連会長の雄叫びも、既得権益者の断末魔の叫びのようで、かわいそうにも思えてきた。








2012/09/14

ツイッター

最近、建築のことに関しては、ツイッターで書込んでいるので興味のある人はどうぞ。

2012/09/12

最近解決したこと



最近、以前から抱いていた疑問を自分なりに解決した。それは、近年の多くの著明な建築家たちと自分とでは、建築に求めていることが根本的に違うのではないかという疑問だった。それは突然に来た。今となっては誰が書いたかも覚えてはいないが、その言葉が目に入るや「これだ! これだ!」。

それは「発明」と「発見」。辞書などで調べてみるとおおむねこんな意味になる。「発明」とは、まだこの世にないものを新規に創り作り出したり、独自に考案したりすること。「発見」とは、すでにこの世にあるものを独自の気づきやとらえ方によって、見つけ出したり創り出したりすること。

例えば発明には、ライト兄弟の飛行機、エジソンの電話、電球などがよく知られている。発見は、ニュートンの万有引力、アインシュタインの相対性理論などが有名。また、仏陀が唱えた輪廻転生、縁起の法もそのひとつだ。

僕は建築に普遍的なものを求めている。でも、前述のような世界を揺るがす大発見や宇宙の真理を解き明かすような大げさなものではない。一期一会の小さな発見に誘えるものを作りたい。新しくなくてもいい。独創的でなくてもいい。

ただそっと輝いていればいい。

2012/09/10

誕生日に


誕生日ケーキを買いに高島屋で昨日までやっていた「楽天 うまいもの大会」に行って来た。そこに出店している〈eL café〉でショコラミルクレープを買った。すごい人で、どの店も大行列だった。他に買う時間はなかったので、試食で結構満足した。


夜は、こんな感じ。先日クライアントにいただいたワインを開けて、楽しい夜だった。


2012/08/30

求人終了!

おかげさまで定員に達しましたので、求人を終了させていただきます。

2012/08/20

スタッフ募集します。


<求人条件>
   弊所の仕事の内容(設計施工)に共感、興味のあること。
   出来れば実務経験者を望む。
   Vectorworksの出来ること。

<採用までの流れ>
   動機と実務経験、アプリケーションスキルを書き添えてmailにて問い合わせ下さい。
   面接後、実務トライアル(約1ヶ月)を実施する。
   採用の合否は、実務トライアル期間中に本人に通知する。


<採用条件>

   業務内容:主に個人住宅の実施設計・見積り・監理・施工管理・現場作業
   休  日:日曜祝日、年末年始、夏期

2012/08/18

お墓参りの帰りに

お墓参りの帰りに地元西尾の抹茶のかき氷を松鶴園に行って来た。

家内は、ぜんざいとお抹茶

僕と長女は、抹茶金時と寒天入り

次女は、抹茶パフェと五平餅

和食

二十歳のお祝いに長女のリクエストに応えて、久々に和食のお店に行った。
伏見にある「きときと 釣谷鮮魚店個室のある落ち着いたお店だった。









誕生日

10日は長女の二十歳の誕生日でした。

2012/07/21

15%シナリオ

15%シナリオは、経産省が巧みに仕組んだシナリオ。これは80%稼働率を前提としたもの。現実の稼働率を考えた場合、ある程度原発を増設するシナリオ。増設を望まない人はパブコメに0%を。

2012/07/18

人間ははかない


人間ははかないものだよ。だから、せめて建築に永遠性を求める。自分をはかないと思わない人間は、建築をはかないものにしてしまうんだ。            
                     建築家 前川國男

テレビニュース

「テレビニュースにでてたね」って何人かの知り合いにいわれた。みんなよくテレビみてるな。

官僚がすでに決めている15%シナリオを知らないふりする大臣のくそ芝居もいい加減腹が立ってきた。票投じた古川大臣の終わりの挨拶を聞いていたら「腐った大根(役者)」に見えてきた。

うなぎ


一昨日、妻のリクエストでうなぎ屋さんに行った。予定は西区の宮宇だった。しかし、休み。急きょナビで北区のうなぎの川正さんに行った。始めてだったので、あまり期待はしてなかった。でも、美味しかった。やっぱりうなぎは”焼き”だね。自宅ではなかなか出来ない焼き加減。先日いった蓬莱軒は、はっきり言って家で食べた方が美味しい。値段は、川正さんの1,5倍。どんな仕事もそうだけど、従業員にやらせるんじゃなくて、店主本人が客の顔を見ながら愛情込めて仕事しなきゃ伝わらないよね。川正さん、わが家には少しタレが辛かったかな。でも,うな丼 ¥1,950は納得でした。

PS
外食したとき、妻の口からあまりネガティブな感想は聞かないが、ボクは知っている。彼女の口から「家庭的だね」とでた時は、最低評価。本人はあまり自覚は無いようだけど、心のどこかで「プロのプライド」にかなり期待しているようだ。本人が料理上手なだけあって、いつも期待はボクより大きいようだ。

2012/07/17

送別会


去年の10月からインターンシップとして事務所に来ていたドイツ人学生のカトリーンが、15日で終了となりました。よくがんばって事務所に貢献してくれました。さびしくなりました。しばらく男ばかりで少しの間むさ苦しいですが、また、女性のオープンデスクが入って来る予定です。

ap bank '12


今年もap bank に行って来た。奥さん孝行も今年で7年目。今年もかなり暑くて体力勝負はいつもと同じ。

2012/07/16

パブコメにコメントを!

いろんな経緯から経産省は、どうやら15%シナリオにしたいようだ。もうこれは変えられないと思う。この期においても平気でやらせをするほどなので、公聴会もいつものアリバイとガス抜き程度にしか考えていないようだ。でも、ただまだやれることはあると思う。先日、経産省が自由化を発表した。そこでパブコメに、「原発電力に保険、賠償費用を計上し、原発の電力を選ばない人にをそれらを負担させない」という旨のコメントをしてください。黙っていると自由化後も原発以外の人にも責任を負わせられる。推進派の多くは、原発の電力が安いと未だに思い込んでいるようだ。原発を選ぶ人にはそれなりの責任を負ってもらわないといけない。そうなれば経済の面から自然と原発は無くなると思う。それしか手段はなさそうだ。

パブリックコメント

公聴会いってきました。

やっぱり中電社員いました。やらせが得意の原子力ムラの方々。ぬかりはないです。かなり組織的に公聴会に応募しているようだ。残念だけど補欠1番は補欠のままで意見を述べるチャンスは与えられませんでした。事務局も公平に選ばずに、恣意的に原発推進派を意見表明者を多く選んでいるので、やっぱり推進意見が目立つような報道になるのも当然。
http://www.ustream.tv/recorded/24030429

2012/07/14

意見聴取会2

16日13:30〜エネルギー選択の意見聴取会に行って来る。昨日事務局から電話があり、「意見表明は3人のみ。あなたは補欠No1」。しゃべらせろ!しゃべらせろ!しゃべらせろ!

2012/07/13

当選!

先日お知らせした「エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会」に応募したら今日当選のメールが来た。厳正な抽選なんてかいてあったけど、官僚のやることだから期待はしていなかった。当日意見表明が出来るかどうかは分からないけど、参加者の構成を見れば政府の以降が見透けるので、それくらいは確認して来ようと思ってます。インターネットでも中継されるみたい。以下はそのメール。

この度は、エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会にご応募いただき、
誠にありがとうございます。

抽選の結果あなた様が当選されましたのでご連絡させていただきます。

◆エリア:愛知県エリア
◆会場:TKP名古屋ビジネスセンター 大会議室8
       (愛知県名古屋市中村区椿町1-16 井門名古屋ビル8F)
◆日程:7月16日
◆受付:12:30~13:00
◆参加ID:

※本メールは「参加」に対する当選連絡であり、「意見表明」の当選連絡では
ありませんのでご了承ください。

当日は本メールが参加証となりますので、本メールと本人確認書類をご持参く
ださい。

開催直前の通知となり誠に申し訳ありません。応募していただいた皆様のうち、
より多くの方々の参加を得るため、誠に恐縮ですが、ご欠席される場合は、下
記あてご連絡頂ければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
電話:03-3502-3522 (10:00-18:00)
FAX:03-3502-3263

(注意事項)
・意見聴取会の会場には、当選者ご本人様のみがご入場可能です。 
・意見聴取会の会場には、必ず本状を出力、または、携帯電話等で画面メモ等
 を行い、入場の際にご提示ください。
 ※本状のご提示等が無い場合にはご入場いただけない場合もございます。 
・会場へは公共の交通機関をご利用ください。
・当日の実施風景は記録として写真、動画で撮影するとともに、インターネッ
 トで生中継させていただく予定です。
 また、上記以外に、プレスによる取材が入る可能性もございますのであらか
 じめご了承ください。
・撮影した写真、動画は後日インターネットでの掲載・配信を予定しておりま
 す。
 容姿を特定できる映像・写真の撮影、インターネットでの配信をご了承の上、
 ご参加ください。

(当日参加にあたって)
・安全確保のために金属探知機及び手荷物検査にご協力をお願いいたします。
・危険物・拡声器・ビラ・横断幕等の持込はご遠慮下さい。 
・意見表明者及び政府関係出席者の発言に対しての賛否の表明はご遠慮くださ
 い。
・意見表明者及び政府関係出席者へのご質問はご遠慮ください。
・携帯電話は、マナーモードにするか、電源をお切りください。
・録画、録音及び、撮影の制限はありませんが、その使用に関しては、方法・
 状況等によりトラブルの原因となることもありますので、使用者の責任にお
 いてご利用ください。
・館内でのお食事及び喫煙は固くお断りいたします。
・手荷物・貴重品等の管理は各自にてお願いいたします。
・会の進行中に、大声、ヤジなど会の進行を妨げる行為、他の参加者のご迷惑
 となる様な行為はご遠慮ください。
・上記事項にご理解いただけない場合は、ご退場いただく場合がございますの
 であらかじめご了承下さい。

このメールアドレスは送信専用アドレスになりますので、ご返信いただいても
受信することができません。
あらかじめご了承ください。
--------
エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会
受付事務局