2011/12/30

オープンハウス

お施主様のご厚意により、二週連続でオープンハウスを行います。
対象は、一般の方のみとさせて頂きます。

四郷のアトリエ
  
 日時 1月 15日(日) 午前11時〜午後2時
 住所 豊田市四郷町地内


藤巻の家
  
 日時 1月 21日(土) 22日(日) 午前10時〜午後3時
 住所 名古屋市名東区藤巻町地内



・ご希望の方は、メールください。
・ご希望の時間を必ずお知らせください。両物件とも駐車スペースに限りがあるので、お問 い合わせ順で調整させていただきます。昼食時、終了間際は比較的空いています。
・スリッパをご持参ください。
・敷地内、室内の飲食は堅くお断りします。
・お子様の入場も問題ありませんが、ご配慮をお願いします。



忘年会

今年も仲間たちと忘年会を行いました。午後7時半頃始まった会も例年通り終了は早朝になりました。来年もまたよろしく!

2011/12/21

忘年会

今年は、特に忙しくみんなに連絡はしていませんが、例年通り忘年会を行います。日時は29日(木)午後7時頃から自宅で行います。毎年参加している人は、連絡が無いからといって招待していない訳ではないので自由参加です。差し入れ(自分の飲む分)は持参してください。また、今年初めて参加したい人は連絡ください。

PS 今年は年賀状も準備できなかったので、元旦には100%届きません。寒中見舞いにならないようにしたいと思います。

2011/12/20

住宅版改正省エネ法

今、官僚と大手メーカーや学者などが、住宅版改正省エネ法なる悪法を着々と進めている。名前を聞くと何やら自然環境に良いような省エネ住宅を目指すようだが、目的は、原発と同じ構図。大企業の住宅を優先し、天下り先の拡張だ。伝統的な日本建築やログハウス等は建てられなくなる。必ず新建材を使わなくてはいけなくなる。大手メーカー住宅の得意とする「断熱」「気密」を厳しくし、その他の重要な環境性能「蓄熱」「遮熱」「吸湿」「通風」には一切触れていない。「遮熱」以外はほぼハウスメーカーの不得意とするところだ。

でも、例外規定はできそうだ。ハウスメーカー仕様でない住宅は、ヒートポンプや太陽光、燃料電池等の大企業の商品を使えばいいらしい。これは笑い話じゃない。原発事故を無かったかのように企てている官僚と経団連ならばこんなことは朝飯前だ。

住宅のエネルギー消費量の7割は、家電と照明、給湯だ。住宅の性能に関る暖房冷房は3割弱に過ぎない。エコポイント等で大型冷蔵庫や大型のテレビの買換えを推奨し、住宅は自然素材を排除し、大工や左官を住宅の現場から排除しようとしている。

価値観が多様化している現代にで、住宅の選択肢はほぼ無くなってしまう。金持ちだけが、自由を許される。建築士の仕事も激減し、多くはハウスメーカーの下請になるだろう。まだ細々と受け継がれている職人技も壊滅するだろう。

原発でも明らかになったように、こんな身近なところでも官僚と経団連、議員によって日本は壊されている。

2011/12/10

試行錯誤

オリジナルの照明を作る時にソケットは重要な部品。
その中でも陶器のソケットは、むかしからスタンダード。
そのソケットの全国シェアのかなりの部分を担っている会社が地元にある。
それが瀬戸にある青山電陶株式会社
先日直接買いにいきました。
左のE26は、最も良く使うもの。左は今回初めて使うE17のソケット。
これらをただ使うのではなく、配管部材やなどと組み合わせたりして試行錯誤を繰り返すのですが、実際にものになることはなく、無駄に終わることがほとんど。手前は次回使おうと思っている露出配管部材。ちなみに右下はLED電球。今後は省エネの問題もあり使わざるを得ないけど、デザインが今イチで苦労します。

2011/12/07

コンセントプレート


上は黒染めをしたもの。下は生の真鍮。それぞれナイロンヤスリで細かなバイブレーションのテクスチャーを加える。1枚に1時間くらいかかって仕上げる繊細な仕上げ。目立たない小さなことだけれど、こういうところが空間の下地として大切な働きをする。