2011/11/17

魚の汚染

グリーンピースから時々調査報告が送られてくるので、参考までにそのまま添付します。イオンもグリーンピースからの要請で検査をするようになりました。


本日は、10月に開設した「グリーンピース放射能測定室 シルベク」での第2回目調査「冬のお魚調査」の結果についてお知らせします。

前回の調査に引き続き、大手スーパーマーケット5社で調査を行ったところ、政府が定めた暫定規制値は超えないものの、放射能汚染された商品が広く販売されていたことを確認しました。今回の調査ではマダラやメバチマグロなど、大型魚からの放射性物質の検出が目立ちます。また、缶詰(サバの水煮)からも、放射性物質が検出されました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
(現在HPは削除されています。)

東日本大震災以降、グリーンピースは多くの消費者の方々と共に、政府と大手スーパーマーケットと対話を続け、魚介類商品における放射能汚染の対応強化を要請してきました。その結果、

●最大手のイオンが、魚介類を含む食品において、放射能検査の品目数拡大と分析結果の公開、そして流通基準の厳格化を発表。
●水産庁が、東日本沖の太平洋側で獲られる魚介類の産地表示について、「水揚げ港」ではなく「漁獲海域」の徹底を求める通知を出す。

など、着々と成果が上がっています。

現在グリーンピースでは、放射能汚染されていない安全な魚を口にできるよう、緊急オンライン署名スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」日本全国「お客様の声」を実施しています。イオン以外の小売店でも放射能検査と結果公開が実施されるよう、まだご署名がお済みでない方は、ぜひ今すぐご参加ください。また、周りの方にもぜひご参加の呼びかけをお願いします。
http://www.greenpeace.org/japan/sakana/?sup20111117

この様な実りある活動ができるのも、みなさまのご支援のおかげです。今後とも、温かいご支援をよろしくお願いいたします。
https://www.greenpeace.or.jp/ssl/support/oneoff_donation_html#form


0 件のコメント:

コメントを投稿