2011/11/14

「茶碗 今を生きる」

昨日、松坂屋美術館で行われている「茶碗 今を生きる」に行って来た。半泥子やハンス・コパー、ルーシー・リー等の展覧会等があればいくことはあるが、総じて陶芸についてはそれほど興味のある分野ではなかった。今回も家内の付き合いで行った感もあるので期待もなかったが、結果は大変見応えのあるものだった。メインは初代長次郎に始まり、代々の楽家の作品の展示だった。圧巻だった。特に初代長次郎の茶碗は、今までに見たことのないものだった。その後14代に渡る楽家の当主は皆初代に向き合わざるを得なかったのがよくわかる。15代(当代)樂吉左衛門が現代だとしたら、ボクは現代ではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿