2011/11/12

この国2

もし、スティーブ・ジョブズが総理大臣だったら、ディスカウントショップに叩きうるように日本を安売りすることはないだろう。少子高齢化、原発事故に見舞われた日本だからこそ、持ち前のアイデアと創造力で世界から求められる独創的な国に導くだろう。そして、米国の顔色を伺うこともなく、ルールも自分で決められる「自立した国家」を目指すだろう。
 いつも違和感を感じる意見がある。根底に経済成長という絶対神話がある。小泉・竹中が進めた構造改革で僕らは豊かになっているだろうか。GNH(国民総幸福量)は増しただろうか。国民の9割が「幸せ」と答えるブータンをどう捉えたらいいだろうか。経済成長した日本に同種の「幸せ」を望むことはできない。
 キーワードは「自立」だと思う。まずは、エネルギー。そして、食料。空論だという輩がいる。本当にそうだろうか。オーランチオキトリウムのような可能性のある新しいエネルギーが今続々と生み出されている。ボクは期待したい。

0 件のコメント:

コメントを投稿