2018/07/18

ブラケット新作



新作のブラケット。

8月から始まる住宅のためにデザインした。

プルタイプとツマミタイプ


































2018/07/17

掲載情報
































hominGという岐阜限定発売の住宅雑誌に三軒取り上げていただきました。

誰と家づくりをするかがテーマになっています。




「高橋町の家1」 リノベーションのケースです。







































「高橋町の家2」 ギャラリー併設の木造平屋建てです。





































「幡豆の家」  コンクリート合掌の家


















































2018/06/04

ホームコネクターの講習会



先週末、ホームコネクターの研修会をよもぎ台の現場で行った。

ホームコネクターは、木同士を剛接合出来る優れた工法。

これを使えば面倒な仕口や筋交いなどがが無くても

必要な断面さえあればシンプルな木組みが可能になる。

ただ誰でも自由に使うことが出来る訳ではなく、有料の研修を受ける必要がある。

実際にこのよもぎ台の家にも登梁にはこのホームコネクターを使った。






2018/05/16

素材の見方



集成材


「伊勢神宮、桂離宮、東大寺が集成材で作られているとしたら。」

たまには素材をそんな風に見るのもいい。

価値について




建築は、何かを現わそうとしたり、

何かを伝えようとするものではない。

役に立つことに価値があるのでもない。

最大の価値は存在することである。 

他は全てその次でいい。

それは私自身がそうでありたいから。





Architecture is not about to show something or to convey something. 

It is not worth the usefulness. 

The greatest worth is to exist. 

All else is good next time. 

Because I want to be myself.




コラムより(5/8更新)